【NBA選手紹介】ステフィン・カリー〜NBAのトレンドを変えた男

NBA

Embed from Getty Images

”NBA史上最高のシューター”

それが誰か思い浮かべた時、ほぼ全員が思い浮かべるプレイヤー

それがステフィン・カリー!


今のリーグは3ポイントが主流となっており、

センターまでもが3ポイントを打たないといけない状況。
※ スラムダンクで言うと、ゴリが3ポイントを打つ感じ←全く想像つかない!w


まさにこの状況を作り出したのが彼。カリーなんです!

ちなみに、彼のシュートエリアは3ポイントラインなんてところではなく、

センターラインから先に入ったら、すでにシュートエリアというめちゃくちゃな状況!


今回はこの類稀なるシュート力を持った、NBA最強シューター・カリーを紹介します!

ステフィン・カリーとは

本名:ワーデル・ステフィン・カリー二世

ニックネーム:ステフ、ベビーフェイス・アサシン

背番号:#30

生年月日:1988年3月14日

身長・体重:190cm / 86kg

出身地:オハイオ州アクロン→レブロンと生まれた病院が一緒!

出身校:デイビッドソン大

ポジション:PG

ドラフト:2009年1巡目7位(ウォリアーズ)

所属歴:ウォリアーズ(2009〜)

家族:デル・カリー(父:元NBA選手)

   セス・カリー(弟:現役NBA選手 マブス)

   デイミオン・リー(義弟:現役NBA選手 ウォリアーズ)

記録:

NBA制覇:3回

シーズンMVP:2回

オールスター:6回

オールNBA:6回

得点王:1回

スティール王:1回


もちろん他のレジェンドと比べると少し見劣りしますが、それでも2年連続MVPや、ここ5年でNBAを3回制覇しているところを考えると、この若さでかなりの物を積み上げています!

ただ!

最初に書いた通り、カリーは”歴代最高シューター”。シュートに関しては物凄い記録を持っています!

今後越える選手でるの?くらい、ものすごい記録

Embed from Getty Images

1シーズンの3ポイント成功数で歴代1位の選手は誰でしょう???

おそらく、この流れは?と思いますよね。

そうです、カリーです!

では歴代2位の選手は???



ジェームズ・ハーデンという髭の男です!

なるほど!じゃあ3位の選手は???



カリーなんです!!!

歴代の記録と順位を見てみましょう!!!!

  1. ステフィン・カリー (402本 / 2015-16)
  2. ジェームズ・ハーデン(378本 / 2018-19)
  3. ステフィン・カリー (354本 / 2018-19)
  4. ステフィン・カリー (324本 / 2016-17)
  5. ポール・ジョージ  (292本 / 2018-19)
  6. ステフィン・カリー (286本 / 2014-15)
  7. バディ・ヒールド  (278本 / 2018-19)
  8. クレイ・トンプソン (276本 / 2015-16)
  9. ステフィン・カリー (272本 / 2012-13)
  10. ジェームズ・ハーデン(271本 / 2019-20)※記録継続中

歴代トップ10の中に、カリーは5年分の記録が入っているんです!!!

ちなみにカリーが初めて歴代1位になったのが、2012-13シーズン。

その時抜いた記録はレイ・アレンの269本。

ちなみにレイ・アレンのこの記録は6年抜かれていませんでした。

しかもその時のトップ3はこんな感じ

  1. レイ・アレン    (269本 / 2005-06)
  2. デニス・スコット  (267本 / 1995-96)
  3. ジョージ・マクロード(257本 / 1995-96)

めちゃくちゃ接戦。レイ・アレンの記録も10年ぶりということで、大記録だと思っていました!

ただ、カリーが1位になってから、2年後には自分の記録を超えて(しかも10本以上伸ばす)!さらに翌年には現在も歴代1位に輝く記録である402本が生まれました!

自分の記録は286本だったわけだから、一気に116本も伸ばした。。。

300本代の選手も、歴代でカリーとハーデンしかいません。


これだけのシュート力!

当たり前のことですが、3ポイントシュートは通常のシュートより1点多く入ります。

この1点で、負けていてもあっという間に追いつき、勝ち越したらあっという間に差をつける。

そんな3ポイントがバンバン入ったら、それはバスケットが変わるに決まっています。

カリーはバスケットそのものを革命的に変えたんです!

ちなみに確率もいい

先ほどのランキングに、試投数を入れてみましょう!

  1. ステフィン・カリー (402本 / 2015-16)→試投数 886本 確率45%
  2. ジェームズ・ハーデン(378本 / 2018-19)→試投数 1,028本 確率36% 
  3. ステフィン・カリー (354本 / 2018-19)→試投数 810本 確率43%
  4. ステフィン・カリー (324本 / 2016-17)→試投数 789本 確率41%
  5. ポール・ジョージ  (292本 / 2018-19)→試投数 757本 確率38%
  6. ステフィン・カリー (286本 / 2014-15)→試投数 646本 確率44%
  7. バディ・ヒールド  (278本 / 2018-19)→試投数 651本 確率42%
  8. クレイ・トンプソン (276本 / 2015-16)→試投数 650本 確率42%
  9. ステフィン・カリー (272本 / 2012-13)→試投数 600本 確率45%
  10. ジェームズ・ハーデン(271本 / 2019-20)→試投数 769本 確率35%

そう。シュートの確率もいいんです。

ちなみに、今シーズンここまで3ポイントの成功率が一番高いのは、ジョージ・ヒルという選手で、

48%!

ただ、試投数と成功数を見てみると試投数:成功数=153:73

数が圧倒的に違います。

カリーはあれだけの本数を打って、あれだけの記録を残しているんです!

どれだけシュートがうまいかわかりますよね。



ちなみに、トータルの歴代3ポイント成功数を見てみると、

  1. レイ・アレン    2,973本 → 引退
  2. レジー・ミラー   2,560本 → 引退
  3. ステフィン・カリー 2,495本 → 現役

カリーは今なお現役で31歳。普通にいったらまだ4,5年はプレイすると思います。

1位との差は487本

カリーがこちらでも歴代1位になる日はそう遠くなさそうです。

とにかくすごかった2015−16シーズン

上で数々の記録を紹介しましたが、そのほとんどを取ったのがこのシーズンでした!

得点王

スティール王

歴代1位の3ポイント成功数

50-40-90クラブ
→ 優れたシューターの証(シュート率・3ポイント率・フリースロー率がそれぞれ50% 40% 90%を超えていること)なんと歴代8人しかこの記録を持っている選手はいません!


それだけではありません!この年はチームとしてもすごかった!

開幕24連勝(歴代1位)

シーズン73勝9敗(20年ぶりに歴代1位の記録を樹立)
→ ちなみに抜かれてしまった記録はジョーダン時代の史上最強と言われたブルズでした!


まさに2015−16シーズンはカリーにとって盛り沢山の1年でした。

そんな記録づくめの1年の締め括りとして、

もちろんシーズンMVPにも選ばれました!!!!!!

しかもNBA史上初の満票

本当に記録ばかりの1年でした。

カリーが大人気のワケ

選手の人気の指標を表す、ユニフォームの売り上げ。

カリーは2016年から3年連続で1位でした!

じゃあなんでそんなに人気があるの?

もちろん上に書いたほどの実力があること。そうでしょう!

NBAを変えるほどのシュート力。そうでしょう!!


でも僕は、それ以上にカリーを人気にしたことがあると思います!

それは。。。



明るい性格!



とにかく明るくひょうきんで、プレイしながら子供のように喜ぶ姿は、観ていて本当に楽しくなります!


そして、もうひとつ!それが「バスケにも人にも真剣なところ」

それを象徴することが、日本に来ていたときにありました!シンプルなことなんだけど、何度見てもいいシーン

あとがき

と、ここでいったんおしまい!

カリーはまだまだ現役選手。これからさらにすごいプレイを見せてくれると思います!

めちゃくちゃ楽しみだなー。さらなるスーパープレイを期待しましょう!

過去のNBA選手紹介はこちらにまとめております!ぜひ!

ぽんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました