【NBA選手紹介】ラッセル・ウェストブルック 〜歴史を塗り替えた

NBA
Embed from Getty Images

2016-17シーズン。

1961-62シーズン以来、決して達成されることはないと思っていた大記録。

シーズン平均トリプルダブル

この大記録がある選手によって達成されました!

それが、今回紹介するラッセル・ウェストブルック 。

進化し続け、歴史を塗り替え続けるこの選手を紹介します!

ラッセル・ウェストブルックとは

本名:ラッセル・ウェストブルック 三世

ニックネーム:ラス

背番号:#0

ポジション:PG

身長・体重:190cm、90kg

出身:カリフォルニア州ロングビーチ

出身大学:UCLA

誕生日:1988年11月12日

ドラフト:2008年1巡目4位(ソニックス)

チーム歴:サンダー(2008-19)、ロケッツ (2019-)

受賞歴:
シーズンMVP:1回
オールスター出場:9回
オールスターMVP:2回
得点王:2回
アシスト王:2回
オールNBA:8回

ウェストブルックと言ったら、いつも全力でパワフルなプレイ。

見ているこっちも元気をもらえます。

そして、あの記録!もはや誰も到達できない大記録です!

新・ミスタートリプルダブル

Russel Westbrook | Ramon Sessions did the best he could to k… | Flickr

得点・リバウンド・アシスト・スティール・ブロック

1試合でこの5つのスタッツのうち3つの部門で2桁の記録をとる事。

それが『トリプル・ダブル』

●得点はもちろん、直接試合の勝ち負けに直結するし。

●”リバウンドを制するものは試合を制する”あの有名なセリフの通り、リバウンドが試合を制する鍵になりますし。

●アシストは自分一人では取れないスタッツ。どれだけチームメイトに得点を取らせることができたのか。

●スティールもブロックもディフェンスでは、めちゃくちゃ大きなビッグプレイ

これらのうち、ひとつではなく3つも2桁記録するってことは、

それだけ、オフェンス・ディフェンス両方で貢献をしているという証拠になりますね。

それが『トリプル・ダブル』

NBA選手の中でも、1回も達成することなく引退する選手が大半の、本当に偉大な記録です。

では!

歴代の通算トリプル・ダブルランキングを見てみましょう!

1位:オスカー・ロバートソン(181回)
2位:ラッセル・ウェストブルック (146回)
3位:マジック・ジョンソン(138回)
4位:ジェイソン・キッド(107回)
5位:レブロン・ジェームス(94回)

そう!

すでに2位につけています!

ちなみに、この5人の中で現役はレブロンとウェストブルックだけ。

しかもレブロンより5年もNBAにいる時間は若いのがウエストブルックです!
※ 正確にいうと、高卒のレブロンと大学3年時に入ったウェストブルックなので、実質差は3年

これがどれだけすごいことか、回数をみても分かりますね。

さらに、ここで1位のオスカー・ロバートソンはミスター・トリプルダブルと呼ばれています。

このランキング見たらそりゃそうですよね。

ウェストブルックがいなかったら、2位と43回も差をつけています。30%アップ!

しかも、こう呼ばれている理由はもう一つあります。

それが、このオスカー・ロバートソンが1961-62シーズンに記録した大記録。

『シーズン平均トリプル・ダブル』

どれだけすごいかというと、歴代1位のオスカー・ロバートソン。

トリプルダブルの回数は181回

現役は14年間でした。レギュラーシーズン82試合だとすると、レギュラーシーズンだけで1,148試合。

それだけの試合を経験して181回。歴代1位の大記録ですら試合数の15%しか達成できてません。

そんなトリプル・ダブルをシーズン平均のスタッツで記録。

記録自体が1961-62シーズンだし、もはやこれは誰も達成できない記録だと思われていたんですが。。。



そうです。ウェストブルックが破りました!

しかも2016-17シーズン、2017-18シーズン、2018-19シーズンと、

3年連続で達成しました!!!


これはね。なんだろ。言葉では言い表せないような記録です!

チームの事情もあるんですが

コメント

タイトルとURLをコピーしました