ハーデンがトレードされた!!!4チームが絡む大型トレード!

NBA

ついに!!!

ついに!!!

かねてから噂のあったハーデンの
トレードが行われました!!!

4チームが関わることになった、
この複雑なトレードを解説します!

前日の大事件!

今日トレードが行われる前日、
ハーデンのロケッツはレイカーズ戦でした!

※その時の試合まとめはこちら
【NBAまとめ】2021年1月13日 〜コロナを吹き飛ばすガチガチの大接戦!

このレイカーズ戦、試合自体は17点差
つく大敗をしただけではなく、試合中の
ハーデンはやる気のないようなプレイが
多く、タイムアウト中の雰囲気も、
なんだか嫌な雰囲気がずっと漂っていました!

その試合後、ハーデンのコメントがこちら

ハーデンは「もう無理」って完全に
お手上げ状態だったんですよね。

一方でチームメイトのウォールも、
どうしたらいいかわからないコメントを
出していましたし、不穏な雰囲気しか
なかった状態でしたね。

そんな次の日!まさかのトレード!

朝起きたらびっくりしましたよ!!!

トレードの内容

このトレードに関わったのは4チーム!

●ロケッツ
●ネッツ
●ペイサーズ
●キャバリアーズ

それぞれ誰を出して、誰を獲得したのか!

それがこちらです!!!!

【ロケッツ】
○ビクター・オラディポ(←ペイサーズ)
○ロディオンス・クルーズ(←ネッツ)
○ダンテ・エクサム(←キャバリアーズ)
○22’一巡目指名権(←ネッツ)
○24’一巡目指名権(←ネッツ)
○26’一巡目指名権(←ネッツ)
○22’一巡目指名権(←キャバリアーズ)
○21’指名権交換権(←ネッツ)
○23’指名権交換権(←ネッツ)
○25’指名権交換権(←ネッツ)
○27’指名権交換権(←ネッツ)

【ネッツ】
○ジェームズ・ハーデン(←ロケッツ)
○24’二巡目指名権(←キャバリアーズ)

【ペイサーズ】
○キャリス・ルバート(←ネッツ)
○’23年二巡目指名権(←ロケッツ)

【キャバリアーズ】
○ジャレット・アレン(←ネッツ)
○トーリアン・プリンス(←ネッツ)

それぞれの勝ち負けって?

選手と指名権がかなり動きましたが、
じゃあ結局どこが勝ったの?
というところを考えてみたいと思います!

【ロケッツ】
かねてからトレードの要望を出していた、
さらにチームに不協和音をもたらしている
いわば”厄介者”になってしまった
ハーデンを放出できました!

その代償で獲得したのが、

●ビクター・オラディポ
ペイサーズのエース(だった)!
怪我前のパフォーマンスは出せてないものの
今年は平均20得点と戦力として、
機能していました!

ポイント!

オラディポは今季が終わるとFAになります!
果たして、オフに再契約を結ぶのか?
逆に、出ていってもらってもいい!と
ロケッツ側は思ってる可能性もあります!
ハーデンの半分ほどのサラリーなので、
サラリーの圧縮ができ、トレードにも
使える(オラディポはヒートに行きたい
という噂も出ている)。
ロケッツとしては、ウォールを軸に
していくのか。どうチームを作っていくのか、
ロケッツの動向が気になります!


●指名権と指名権交換権
交換権は、交換する権利があるよ。と
いうものですが、この指名権がどれくらい
意味があるのか。

ポイント!

ネッツから大量の指名権をもらいましたが
これは本当に価値があるのか!?

というのも、ネッツはこのトレードで
今季優勝を目指すしかなくなりました!
22年に3人ともFAになりますが、
それなりにいい成績を残すことが予想
されます。そうなると早いタイミングの
指名権はあまり高順位出ない可能性が
ありますね。
ただ!20年代後半に関しては、ある意味、
ロケッツはネッツが今後失敗して、
この3人が解体する!ということを見込んで
ネッツが再建モードになれば、高順位の
指名権になる可能性があります!
ロケッツはここまで見込んでるという
ことになりますかね。恐るべし!

●ハーデン放出!
いろんな記事が出ていますが、
メンバーにとってこれで前に進める。
ということがまずはロケッツにとって
よかったんでしょうね。

参考:ジェームズ・ハーデンの退団にチームメートは思い様々、ジョン・ウォール「たった9試合で崖から飛び降りるとはね」


【ネッツ】
●ジェームズ・ハーデン
ついにハーデン獲得!!!
ビック3が結成されました。

ポイント!

これはシンプルに機能するか!?
そして優勝できるか!?

来年はもうすでにこの3人が維持できるか
不明な状況。。。
何しろ、3人とも22年のオフに、
プレイヤーオプション(選手によって
FAになるかならないかを決められる)
を持っている状態。ということは、
出ていかれる可能性があるなら、トレード
などで出してしまいたいのが普通。
この状況、今年絶対に優勝しないと
いけなくなりました!優勝すれば成功!
優勝できなければ失敗!
ナッシュHC負担デカすぎない?

ただ、やっぱりNBAファンとしては
この3人みてみたくなりますよね。
今まで数多くできたビック3の中でも、
かなり強大なチームであることは
間違い無いですね。

【ペイサーズ】

●オラディポ放出!
まずこれは、ペイサーズにとってプラスの
ことであると思います。

ポイント!

実際、昨年バブルで再開される時に
チームと揉めて、一時期はプレイしない
とまで言っていたオラディポ。さらに
トレード要求まで出す始末。
このオフでは『一生ペイサーズ』という
ことを言っていましたが、それでも、
シーズンオフにFAになるオラディポは
ペイサーズにとって悩みの種であったことは
事実だと思います。そう考えると、
放出できたことがまず大きい!

●キャリス・ルバート
そして、オラディポノ代わりに、
若くて(26歳)でこれからさらに成長する
であろうルバートを獲得できたことは、
ペイサーズにとって良いことですね!

ポイント!

ちなみにペーサーズのメンバーを

みてみると、サボニスが24歳、ターナーが
24歳、ウォーレンが27歳、アーロン・
ホリデーが24歳と同年代も多く、
長期にわたっての構想が可能。
ちなみにルバートは23年まで契約が
残っています!ペイサーズの今後が
楽しみになってきます。今の状態ですら
チーム力や安定感は強いのに!!!

【キャバリアーズ】
キャブスは一巡目を出したけれど、
他には今試合に出てないエクサムのみ
これで獲得できたのは大きい!

●ジャレット・アレン
機動力に長けたビックマン!それだけで
なく、ペイサーズと同様、キャブスの
将来を担うセクストンとガーランドと
同年代というのが大きい!

ポイント!

セクストンは22歳、ガーランドは21歳
アレンは22歳と、こちらも長期で構想を
しやすいラインナップに!
さらに、現在スタートでセンターを
はっているドラモンド!絶好調です!
そう。絶好調なんですよね!
ドラモンド自体はピストンズにいた
時から、実力がありながらいわば弱い
チームで戦ってきました!本人も
強豪チームへ行きたいという意志は
あるはず。チームとしても絶好調な今が
トレードのタイミングでもあります!

結論

で、どこが勝ちか負けなのか!




それは分かりませんよね!
いろんな方が言っているように、
ペイサーズとキャブスは勝ち。
というのは理解できます。

ただ、どのチームもこれからに期待が
もてる展開なのは事実です!

あとはどのチームも結果で語るしかない。

ますます楽しみです!



毎日、NBAの試合結果をまとめてますので、
よかったら覗いてみてくださいね!

普通の凡人サラリーマンが送るなんてことないブログ | はやりのことや個人的に気になること

ではでは

ぽんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました