人のつながりってあったかい

人生のコツ
Photo by Tyler Nix on Unsplash

こんにちは!ぽんどです。
今日も読んでいただいてありがとうございます。

ぽんど
ぽんど

昨日実家でご飯を食べました!

別に特別なことではないんだけど、家に帰ってきたらすごく幸せな気持ちになってる。

自分がどうしたい。

とか

自分がどうなりたい。

とか

これを達成しよう。

とか考えれば考えるほど、視点は内側に向いていって、当たり前のことも薄れて行っちゃう。最悪、忘れちゃうんだなと思います。

当たり前にある人のぬくもり。

これを実感して、もう一度心に留めておくために共有します!

改めてこの「つながり」を感じたり思い出してもらえたら嬉しいです。

愛って自然と伝わる

逆に言うと、自然と伝わるものが愛なのかもしれないなと。

例えば、実家でご飯食べる。ということ自体は、何も特別なことじゃない。

何か特別なことをしたわけでもない。

でも、それは温かくて幸せな時間。

ものすごく幸せなことに、僕は僕のことを愛してくれる家族がいる。しかも身近に。改めてこの事実に気づくと、涙が出る。感謝しかない。

僕もそうなように、家族みんなが根底に家族への愛を持っていて、それがにじみ出て伝わっている。伝わりあっているから温かい。

誰かを想って行動すること、それはそれで素晴らしいこと。

でも家族でいる時って、何も考えてなかったりする。相手への想いも決して「想ってる」わけではなくて、「想いがそこにある」状態。無意識。

じゃあなんで、そんな状態なのか。

おそらく、家族の前が一番素でいられるからだと思う。

正確に言うと素がばれている(素は恥ずかしくて出せないよね)。そして素を知っている。いままでさんざん言いたいこと言ってきたし。言われてきた。喧嘩だってしたし、笑いあってきた。たくさんの同じ時間を共有してきた。

それが『信頼』になり、さらに無意識になった。

もちろん、今でもイラっとすることはたくさんあるけど、嫌いではない。

そんな当たり前に存在する想いが 愛 だと思う。

無意識だからこそ、自然と伝わる。愛ってすごいよね。

つながりが自分の限界を破る!

こう考えていくと、愛は人の繋がりがあるからこそ生まれるもの。いや、「人と」以外でも繋がりが愛を生むんだろう。

その繋がりがもたらすものを、もう少し具体的に落とし込んでみたいと思います。

そのひとつが「自分の限界を超える」こと!

誰かの為にしたことって、自分の為には決してできなかったことってないですか?

遠くまで買い物に行ったり

自分では使わないような金額を使ったり

知り合いじゃない人に声かけたり

毎日時間を使ったり

それぞれ些細なことだったとしても、自分ではやらないことができちゃうんですよね。

誰かを想い行動することって、自分のリミッターを外してくれる。

よく人の為と書いて”偽”だ!っていうけど、

そんなことない。確かに”自分のリミッターを”と”自分”が主語になっているけど、決してそういいたいわけではなく、

「自分でやらないことをやれてしまう!」

それくらい人の繋がりや、人を想う気持ちってすごいって言いたい!


ただ、こうやって誰かの為に想いを巡らしていると、たまにふと自分のことは何もしていない!と感じることもあります。

例えば、自分の趣味に使う時間は少なくなってて、お金もないし。やるべきこともできてない。

自分が自分の人生の主役である以上、どうしても”自分”に目が向くときもあるんですよね。自分を忘れてしまった!と。

でも、そんなことない。

自分のことを忘れるくらい夢中になって、誰かに喜んでもらいたいと思う。それが自分の本当にやりたいことだと思うんです。

自分の夢中になることって、自分に目が向きすぎて、見つけることが難しかったりするけど、自分の夢って案外そとにあったりする。そうやって自分を超えさせてくれることもある。

そのつながりを大切と思うことができるか

人のつながりは当たり前にそこら中にある。

でもそれを大切だと思えるか。それによって受けるものが180°違ってきたりする。

十人十色

個人的にこの言葉が好きなんです。みんな違うから面白いんですよね。だからこそ、自分が考えてもみなかったことや、考え方を知ることができる。

自分がどんどん広がっていくような気がします。

この世に1人しかいなかったら、おそらくもっともっと、ちっさい人間だったと思うんです。いろんな人に今の自分を創ってもらった。

ただ、最初に書いたことですが、考え方によって180°変わってしまうことがある。

その人を尊重できなかったら、違う意見って受け入れられなかったりしますよね。ひとのつながりが大切で、十人十色って分かっていても、受け入れるのは簡単じゃない。

反対の意見だってあるし。極論、その人のことが嫌いかもしれない。

嫌いじゃなくても、好きでない人の反対意見は受け入れられなかったりする。

だからこそ、この”あたりまえ”であるつながりを大切だと思えるか。それが本当に重要だと思います。

そう考えると、愛すことができるか。これが重要ですね。

僕は残念ながら無条件で人を愛すことは、今のところできません。

だからこそ、自分が素をだせるか。相手の素をしれるか。そこが大事だと思っています。この「素」を簡単に出せるし知ることができたら、それはそれで楽なんですけど、そんなわけない。時間も手間(衝突)もかかる。

でもさ、それだから人間関係は面白いんだよね。

簡単じゃない。完璧な人間もいない。それを知ろうとする。伝えようとする。

難しい。でもだからこそおもろい。

人のつながりが自分を嫌にする

以前書きましたが、他の人がいるから自分が嫌になるんですよね。

これまで書いてきたように、つながりの可能性は無限大です。

でも、一方でそのつながりがあるから自分が嫌になってしまうのも事実。

いっそのこと、その嫌になることも成長の一歩と思えれば、いいんだけどねー。

うまく行ったり来たりしながら、付き合っていきたいなと思います。

まとめ

改めて考えても、つながりの可能性は無限!

でも一方で、いつの間にかその大切さ・あったかさを忘れてしまう。

あたりまえにそこにあるから

自分に夢中になってしまうから

相手のことを愛せていないから

その理由はたくさん、そしていろんなところに転がってます。

ほんとうにあたりまえのこと。その本質的な重要性をいつでも心に留めておきたいなと思います。



今日も読んでいただいてありがとうございます。

少しでもなにかのきっかけになったら幸せです!!!

ではでは

ぽんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました