全てがうまくいかない時

人生のコツ

全てがうまくいかない時ってある。

あっちでもこっちでも、
今まで積み重ねてきたものが、ガラガラと崩れるとき。

まず何をどうしたらいいか分からない。

今までやってきたことが無駄になってしまった。

時間が過ぎるのが遅い。

ただ呆然として、何もできない。何も考えられない。

相談もできない。

一方で自分で気づいている。こんなの本当に些細なこと。

だから相談なんかできるはずない。

そして、些細なことでここまで落ちている自分に、
さらに嫌気がさす。

時間が過ぎるのが遅い一方で、
このまま時間が過ぎてほしくない。

落ちたまま時間が過ぎてしまうのが怖い。

こんな時に限って、身体が重い。

やらなければいけないことが、頭に入ってくる。

できない。

そして停止。












とにかく停止して改めて気づく。

こんなのたいしたことないんだと。

そして、漫画がおしえてくれる。無力じゃないと。


とはいっても、落ちたところから一歩階段をのぼっただけ。

まずは、どうしてもやらなきゃいけないことだけやって。

あとはいったんすべて忘れて、身体を動かす。

夕飯の食材を買いに行こう。

返ってくると、もう一段のぼってて、

次のことに手をつける。

これでいいんだと思う。落ちてもまたのぼればいい。

昔は落ちるのが、かっこ悪くて嫌だった。
落ちているふりで、かっこつけてる自分もいた。

かっこ悪くもかっこ良くもない。

落ちるのは普通。当たり前のこと。

もう一段のぼりましょう。

なんとなく、これはこのまま終わりにしたかったので、
一歩のぼるきっかけになった漫画のことは別に!

ぽんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました