弱いところはどこか。自分らしくいられる為の発見!

人生のコツ
Image by Elias Sch. from Pixabay

こんにちは!ぽんどです。
今日も読んでいただいてありがとうございます!

ぽんど
ぽんど

自分の弱いところってどこですか?

実は、僕にとって「自分の弱いところ」って最近になって、ようやく認識することができてきたことです。

弱いところって、意外と自分では気付いていなくないですか?

僕は周りに隠していただけでなく、自分自身に対して隠していました。

だから気づかなかったんですよね。

もしかしたら気づかないと言うより、目を背けていただけかもしれません。

でも、この弱いところを分かってきたところで、

より自分を認められたり、もう一歩進むことができたような気がしています。

なので、今回はこの「弱さ」について、書いてみようと思います!

「弱さ」を自然と隠している

僕は自分の「弱さ」に気づいていませんでした。

考えても、そんなに心当たりがなかった。

でもこれって、弱さがないわけではなく、ただ弱さを隠していただけでした。

みんなそうだと思いますが、

恥ずかしいことって、隠したいですよね。

まさに、これなんだと思います。

弱い部分を見せるのって恥ずかしいですよね。

そうなんだよなー。恥ずかしいから自分で見るもの知るのも嫌だった。

だから、自分の嫌な部分が出る度に見ないフリをしていた。

しかも自然に。

恥ずかしさから、周りに対しても、自分に対しても弱い部分を隠してました。

だから、自分で知ることが難しかった。

心の奥の方にしまって、さらに自分に目隠しして、そりゃ見つかりませんよね。

でもある時、ふとしたことから自分が弱さを隠していることに気がついたんです。

「恥ずかしさ」がキーワード

というのも、元々は自分の言いたいことが言えないこと。がきっかけでした。

自分がこうだと思っても、自信がなかったり、立場が上の人にガッと言われると、

自分の意見は押し殺していることが多かったんです。

「Yesと言っておけば波風立たないし」と、自分の言いたいことが言えない言い訳を言って、飲みに行った時なんかは「俺はこう思うのにな」なんて愚痴。

本当に恥ずかしいばかりです。

これが嫌だったんですよね。

自分の心に嘘をつくことが嫌だった。

自分が納得していないから、全てのことにおいて前のめりでは取り組めない。

とにかくやらされているだけ。

一方でそれが良くないのも知っている。

だからとにかく、そのことがストレスでした。

なので、ある時から言いたいことはきちんと言う。と言うことを意識することにしました。

もちろん、ちょっとずつしかできなかったけど、今はだいぶ言いたいことは伝えられるようになっています。

その時になんで言いたいこと言えないんだろうと考えたんです。

そうしたら、怖かったんです。

自分の意見を出して、

「なんだそんなこと考えているのか。」

とか

「そんな初歩的なことを言って。。。」

とか、自分のバカがバレるのが嫌だった。恥ずかしかった。

「そんなの違う」と怒られるのも嫌だった。

何も言わず、はいとだけ言っていれば、少なくとも自分がマイナスになることはない。

つまりリスクをとるのが怖かった。

でも一方でこれを認めること自体も嫌でした。

こんなこと考えているって、すごくかっこ悪くないですか?

少なくとも僕自信、こうやって考えていることをすごく恥ずかしく思っていた。

自分の努力不足で、自分の発言に自信がなくて、それなのに自分の意見が正しいかのように愚痴る。

それが恥ずかしくてたまらなかった。

だから「言いたいことが言えないこと」そのことに蓋をして、

深く考えないようにしていたんだと思います。

でも、それ以外に派生したストレスのおかげで、このことに目を向け、気づくことができた。

そんな風に考えると、自分の中でしたくないのにしてしまっている「弱さ」。

それに少しずつ気づくことができました。

休みの日にはお昼過ぎまで寝てしまうこと。

なんでも追い込まれないとできないこと。

休みの日は全く仕事のことが考えられないこと。

なんでも中途半端なこと。

みんなにちやほやされたいこと。

毎回のブログの反応を楽しみにしていること。

恐れ恐れブログに自分の意見や弱さを書いていること。

周りが高く評価してくれていて、内心焦っていること。

びっくりするくらい、ちんけなことですが、僕の恥ずかしいこと。「弱さ」です。

もちろん、ここに書けたからえらいと言うことはないです。

でも、こうやって自分のノートとかに自分でも知りたくない自分の弱さを、書いてみると一歩進める気がします。

ぜひ、試してみてください。


「言いたいことを言う」ということには関しては別に書いてますのでよかったら!

「弱さ」≠「克服すべきこ」

こうやって、弱い部分を曝け出してみたわけですが.恥

僕はこれってチャンスだと思うんです。

恥ずかしいと思うということは、自分にとって後ろめたいんです。

つまり、克服したいことだと思うんです。

だから、自分の「弱さ」が分かったら、ひとつずつ直していけばいい。

それだけで、より自分へのストレスが減っていくと思います。

でも一方!全てを克服する必要があるかと言われると、そうではないとも思うんです。

なんでかって言うと、自分がネガティブに思っているだけのこともあるから。

あくまで自分のみの判断なので、改めて考えると克服する必要あるのかな?

ということがあると思います。

例えば、僕のことで言うと。。。

休みの日は全く仕事のことが考えられないこと。

全然いいですよね。考えてなくても。休みだし。

そもそもなんで、考える必要があるのかというと、平日に仕事が終わってないから。

だったら仕事を平日にしっかりと終わらすことを意識すればいい。

ただそれだけ。考えられないのが悪いことではい。

こうやって、全てにおいて克服する必要があるかと言われたら、

おそらくないと思います。

こんな風に考えるってことって大事だと思っていて、

なんでもそうだけど、To Doリストとか書き出すと全てやらないといけない気がして、それによって追い込まれちゃうこともある。

リストをこなすことが目的になってしまう。

それって違いますよね。以前書いた「量」をただただ追っているだけなのと同じ。

だから「全て克服する必要がある」訳じゃないと知ること、

これ大きな一歩だと思います。

「弱さ」を知ることそれ自体も、大きな一歩ですね。

あとがき

弱いところって本当に嫌w

めちゃくちゃ恥ずかしい。

でも、やっぱり自分にとって克服したい部分が多かったりして、

恥ずかしい思いを出しちゃうと、

自分にとってもストレスがスーッと消えていく。

そして恐れているような、誰かに糾弾されたりバカにされることは実際ほとんどない。

分かってるんだけどね。

分かってるんだけど、勝手に想像して恥ずかしいのよ。

ただ今は、恥ずかしい思いをしてでも自分の理想に近づけていきたいし、

友人に対しても、自分の全部を知ってもらいたいなと思います。

なんか、お互いの全てを知っていた方が気持ちいいんじゃん。

あっ、さらけ出せ!ってことではないです。それを知ろうとすることも好きなので。

そのためにプレゼント送ったりしています!

さー!一歩一歩がんばろ。



最後まで読んでいただいてありがとうございます!

少しでも何かのきっかけになったら嬉しいです。

ではでは

ぽんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました