【NBA選手紹介】マイケル・ジョーダン〜世界一有名なバスケットボール選手

NBA

Embed from Getty Images

世界で一番有名なバスケットボール選手と言っても過言ではないこの選手!

そう!マイケル・ジョーダン!

バスケットを世界に広め、全てのバスケットボール少年の憧れ。ジョーダンによってバスケを始め、今NBAで活躍している選手も数知れず。

そんなジョーダンのことを紹介します!

マイケル・ジョーダンとは

本名:マイケル・ジェフリー・ジョーダン

背番号:#23

生年月日:1963年2月17日

身長・体重:198cm / 98kg

出身地:ニューヨーク州ブルックリン

出身校:ノースカロライナ大

ポジション:SG

ドラフト:1984年1巡目3位(ブルズ)

所属歴:ブルズ(1984〜93、95〜98)、ウィザーズ(2001〜03)

記録:

NBA制覇:6回

シーズンMVP:5回

ファイナルMVP:6回

オールスター:14回

オールスターMVP:3回

オールNBA:11回

オールディフェンシブチーム:9回

新人王受賞(1984-95)

得点王:10回

スティール王:3回

最優秀守備選手:1回(1987-88)


世界でこれだけ有名になった理由。それがこの圧倒的なバスケットの力でした!

ただ、もちろんバスケットの能力だけではなく様々な事が絡み合い、ジョーダンをここまでの有名人に押し上げました!

THE SHOT

ジョーダンを語る上で、外せないのがこの「THE SHOT」。ジョーダンは何度も何度も、ゲームの最後でゲームを決めるシュートを打って、それそれを決めてきました。

その刹那のまるでダンスのような一連の動き、そしてゴールにボールが通る瞬間。

その一瞬の芸術性が、多くのバスケットボールプレイヤーの脳裏からは離れません。

Embed from Getty Images

その伝説の始まりが、当時大学1年生のジョーダンが全米大学選手権の決勝で、放った決勝点。

残り15秒、1点差で負けていたノースカロライナ大は、最後のシュートをジョーダンに任せ、

なんのプレッシャーもないかのように決めきったジョーダン。

まさに芸術だったし、これがジョーダンの始まりであることは間違い無いですね。


その後、NBAに入ってからも何度も決勝点を決めてきたジョーダンですが、すごいのが、『現役最後のシュート』も終了直前のシュートを決めたこと(実際は再度復帰したので本当の意味での現役最後ではないけれど)。

1998年勝てば優勝のゲーム。1点差で負けている中、最後の6秒で放ったジョーダンのシュートは、ゴールに吸い込まれていきました。

これで優勝。そして引退。本当にバスケットの神様が作った物語のような始まりと終わりです。

そのシュートがこちらです。

ちなみに、この話には続きがあります。

「ジョーダンはその能力で、何度も決勝点を決めてきた」

これは半分本当で、半分嘘です。

ジョーダンは何度も決勝点を決めてきましたが、何度も外してもきました。

それを本人が表しているCMがあります。

  I’ve missed more than 9,000 shots in my career.

  I’ve lost almost 300 games.

  26 times, I’ve been trusted to take the game winning shots and missed.

  I failed over and over and over again in my life.

  That is why I succeed.

  プロになってシュートを9000本以上ミスした

  300試合は負けた

  ウイニングショットを任され、はずした事は26回ある

  今まで何度も、何度も、何度も失敗した

  だから、私は成功するんだ

http://airmj.seesaa.net/article/37696185.html

あのジョーダンも何度も失敗している。そして、それをバネにして成功を収めました。

NBAで初優勝するのにも7年かかっています。

全てをバスケットに捧げ、何度も失敗して、そして成功した。

バスケットだけでなく、人生のお手本になる選手ですね。

背番号#23の理由

23という数字をみると、ジョーダンの背番号!とイメージするほどの背番号。

ジョーダンがこの番号をつけている理由は、尊敬しているお兄さんの影響があります。

それは、お兄さんが背番号45番をつけていた事。

ジョーダンはお兄さんの半分より少しでもバスケットがうまくなりたい!という想いから23番を選びました(45÷2=22.5→23)。

そんな願いを込めた23番は、世界で羽ばたく番号になりましたね!

ちなみに現役時代は常に23番でしたが、ユニフォームが盗まれて急遽12番を着用したり、電撃復帰後は一時期45番をつけていたりと、レアなタイミングもありました!

ナイキ:ジョーダンブランド

Embed from Getty Images

ジョーダンのもう一つの代名詞である「シューズ」

ジョーダンはナイキと契約し、1984年に自身のモデル第一弾である、AIR JORDAN 1を発売。シリーズ化され、今やスニーカーの代名詞にもなっています。

ちなみに、ジョーダンのマークである「ジャンプマン」が採用されたのはAIR JORDAN 3からで、それが今やジョーダンブランドの象徴となっています。

もちろんジョーダンが現役を退いてから、かなり経つ今でも、シューズの人気も衰えず。

なんと、1年間の売り上げは1億3000万ドル。現役の選手も遠く及ばないほど売り上げておいます!
参考:https://basketballking.jp/news/world/nba/20190829/186962.html

日本人初のドラフト1巡目指名によりNBAの扉を叩いた八村塁選手も、日本人初ジョーダンブランドの契約となりました!!!どこまで規格外なんだ。

3連覇を2回して6回優勝した

Embed from Getty Images

過去NBAを連続で優勝したチームを見てみるとこれだけしかいません!

8連覇:セルティックス

3連覇:レイカーズ(2回)、ブルズ(2回)

2連覇:セルティックス、レイカーズ(3回)、ピストンズ、ロケッツ、ヒート、ウォリアーズ

ちなみに、セルティックスとレイカーズは他のチームと比べ優勝回数も桁外れなので、おいておいて、その次に優勝回数が多いのがブルズ(ウォリアーズと同率3位)となっています。

ちなみに優勝回数はセルティックス17回、レイカーズ16回に次ぐ、ブルズ6回!

なんとなくわかりました?

ジョーダンは現役時代に3連覇を2回しました。

そして合計6回優勝した。

連覇の数でも優勝回数でも、ジョーダンひとりで(言い過ぎか?)これだけの記録を残しているんです。

この6年の中で、ジョーダンはシーズンMVPを4回、得点王を6回、オールスターMVPを2回、ファイナルMVPを6回とっています。

ひとりで。と言うのも言い過ぎではないかもしれませんね。

現役引退後のジョーダン

現在、ジョーダンはシャーロット・ホーネッツ というチームの筆頭オーナーをやっています。

元選手が筆頭オーナーになるのは初のことでした!

まだまだホーネッツ はそこまで強くないですが、若手の台頭で面白いチームになりつつあります!どうなるでしょうか!?

ファンがよだれを垂らして見た「THE LAST DANCE」

ジョーダンが2回目の3連覇をした最後の年、カメラが1年を通してブルズに密着していました。その映像を使って作られたドキュメントが、

「The LAST DANCE」

なんとその映像が2020年よりNetflixにて公開になりました!

これはね、全てのファンが本気で食いついて見たドキュメントでした。

そもそも日本では、まだまだマイナーなNBA。もちろんドキュメンタリーは本当に少ししかないんですよね。

その中で、あのジョーダンの最後の年を追った、しかも濃厚なドキュメンタリー。

最後の年を中心に、過去の映像が盛り込まれ、ブルズ王朝の集大成である映像でした。(話が何度も過去と今を行ったり来たりするので、本当の初心者は難しいw)

ここで見せるジョーダンの姿は良くも悪くも「素」

こんなジョーダンは見たことなかったので、本当にびっくりしたし興奮しました。

ジョーダンを知りたくなったら、ぜひ見てみてくださいね。

あとがき

いろんなことを書いていくと、「あっ!あれも!」とどんどん書きたい事が出てくる。

本当にジョーダンは今も昔もバスケットボールの象徴であることは間違いありません!

まだまだ書きたいこともあるので、それはまた追加していきたいなと思います!

最後に、ジョーダンのハイライトを!


NBAの選手紹介はこちらにまとめたりますのでよかったら是非ご覧ください!

ぽんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました