【NBAまとめ】2021年1月15日 〜渡邊雄太大活躍!!!あの人もほめた!

NBA

日本時間2021年1月15日の試合結果をまとめております。

主力が戻ったシクサーズ!反撃!
一方厳しい戦いを強いられるヒート
渡邊雄太大活躍!
それよりもブーシェーやばいぞ!!!
主力が全然いないロケッツ勝つ!?
今季5回目のトリプルダブル!
ディフェンスが機能しないブレイザーズ
ペイサーズ磐石!さらに強くなるの?

結果を知りたくない方は見ないでね。

今最も話題のハーデントレードはこちらをどうぞ!
ハーデンがトレードされた!!!4チームが絡む大型トレード!

本日の試合はこちらのカードです。

昨日までの順位

<イースト>

01. セルティックス(7-3)
02. シクサーズ(8-4)
02. バックス(8-4)
04. ペイサーズ(7-4)
05. マジック(6-5)
06. ネッツ(7-6)
07. ホーネッツ(6-6)
07. ホークス(5-5)
09. ヒート(4-5)
10. キャバリアーズ(5-7)
10. ニックス(5-7)
12. ブルズ(4-7)
13. ウィザーズ(3-8)
14. ラプターズ(2-8)
15. ピストンズ(2-9)

<ウエスト>

01. レイカーズ(10-3)
02. クリッパーズ(8-4)
03. ジャズ(7-4)
03. ブレイザーズ(7-4)
03. サンズ(7-4)
06. マーベリックス(6-4)
07. ウォリアーズ(6-5)
07. スパーズ(6-5)
09. サンダー(5-6)
09. ナゲッツ(5-6)
09. グリズリーズ(5-6)
12. キングス(5-7)
13. ペリカンズ(4-6)
14. ロケッツ(3-6)
15. ウルブズ(3-8)

ヒートvsシクサーズ

ヒート(MIA) : 108(4-6)
vs
シクサーズ(PHI) : 125(9-4)

シクサーズ勝利!2連勝!
→ヒート2連敗!


ハイライト:

____ |1Q | 2Q | 3Q | 4Q |
——+—-+—–+—–+—–+—-
MIA | 30 | 28 | 20 | 30 | 108
PHI | 38 | 35 | 25 | 27 | 125

トバイアス・ハリスも戻ってきて、
セスはまだだけど、ほぼほぼ戦力が戻って
きたシクサーズ!やっぱり強い!
しかも、主力が以外のメンバーが急速に
成長!調子を上げてるミルトンはチーム
トップの31得点!スタメンに抜擢された
ルーキーのマキシーは1QでFG 5/5ヒット
11得点を稼ぐ活躍!さらに周りが活躍
すると、余計にこの人の出番が増える
シモンズが10-10-12のトリプルダブル!
エースのエンビードが9得点だけでも、

これだけ圧勝。ヒートはメンバーが揃って
ないにしろ、恐ろしいチーム力です。

一方、メンバーが揃ったシクサーズ相手
にはキツすぎるメンバー。8人のみ。
ただ、22点オーバーがダンカンのみと
シンプルに厳しかった。

ヒートスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●ダンカン・ロビンソン
(33-22-2-1-0-0 : -19)
●ケリー・オリニク
(38-12-6-4-1-0 : -9)
●プレシャス・アチウワ
(27-10-11-2-0-0 : -18)
●タイラー・ヒーロー
(31-17-6-3-1-0 : -15)
●ゲイブ・ヴィンセント
(34-21-2-8-0-0 : -9)
○アンドレ・イグダーラ
(25-2-3-8-0-0 : -11)
○クリス・シルバ
(20-13-4-1-1-1 : +1)
○マックス・ストゥルース
(27-11-7-1-1-0 : -5)

シクサーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●ダニー・グリーン
(25-12-6-3-1-0 : +10)
●トバイアス・ハリス
(29-18-4-2-1-0 : +4)
ジョエル・エンビード
(23-9-5-1-1-0 : +4)
タイリース・マクシー
(25-15-1-1-1-0 : -2)
●ベン・シモンズ
(34-10-10-12-3-0 : +10)
○シェイク・ミルトン
(27-31-2-7-2-1 : +24)
○マティース・サイブル
(17-8-1-0-4-1 : +10)
○マイク・スコット
(5-0-2-0-0-0 : +9)
○ドワイト・ハワード
(22-8-4-0-1-0 : +16)
○アイザイア・ジョー
(19-12-0-0-0-1 : +16)
○テレンス・ファーガソン
(2-0-0-0-0-0- : -5)
○ダコタ・マサイアス
(2-0-0-1-0-0 : -5)
○トニー・ブラッドリー
(2-0-0-0-1-0 : -3)
○ポール・リード
(2-2-0-0-0-0 : -3)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101140PHI.html

ホーネッツvsラプターズ

ホーネッツ(CHA) : 108(6-7)
vs
ラプターズ(TOR) : 111(3-8)

ラプターズ勝利!

→ホーネッツ2連敗!
ハイライト:

____ |1Q | 2Q | 3Q | 4Q |
——+—-+—–+—–+—–+—-
CHA| 34 | 28 | 24 | 22 | 108
TOR | 35 | 36 | 28 | 12 | 111

いい戦いでしたねー!ラプターズは
2試合連続で1点さで落としていたので、
今日は勝ててよかった!ただ、今日の
試合もそうだけど、詰めの甘さが出てる
のでこの部分はなんとか克服したい。
誰が最後のシュートを打つのか。

なんと言っても、今日のラプターズは
ブーシェーですね!チームトップの
25得点!3Pも2/4でヒット!違うタイプ
ではあるけど、ガソルとイバカの代わり
として奮起がこれからも必要!
ブーシェーはここ4試合で3試合目の
20点越え!注目度も増しています!

そして渡邊雄太も1Qから出場!すっかり
セカンドユニットに定着してきてます!
今日は3得点4リバウンド+8とディフェンス
でもいいところがありました!!!
試合後のインタビューではラウリーが
褒めていましたし、日本人以外からも
注目度が上がってきています!!!

ホーネッツも決して悪くなかった!
ヘイワードがいなかったのはきつかった
けど、それでもやっぱりタレントが
揃っているのがわかる試合。7人が二桁
得点!今日のTOP10の1位になっていた
ラメロ→ブリッジズのプレイ!2人とも
やばすぎでしょ!

ホーネッツスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)ケイレブ・マーティン
(22-5-6-4-3-0 : -8)
●P.J.・ワシントン
(33-20-11-1-1-2 : +3)
●ビスマック・ビオンボ
(24-10-8-1-0-1 : -6)
●デボンテ・グラハム
(37-15-4-4-1-0 : +15)
●テリー・ロジアー
(37-22-3-5-2-1 : -3)
○マイルズ・ブリッジズ
(28-12-2-3-1-0 : +14)
○ラメロ・ボール
(26-14-6-11-3-1 : -4)
○マリーク・モンク
(22-10-3-3-0-0 : -11)
○コディ・マーティン
(5-0-1-0-0-0 : -15)

ラプターズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●OG・アヌノビー
(33-13-5-2-3-1 : -5)
●パスカル・シアカム
(37-15-7-4-3-1 : +1)
●アーロン・ベインズ
(7-2-1-0-0-0 : -1)
●フレッド・バンブリート
(35-17-1-8-0-0 : -5)
●カイル・ラウリー
(34-16-6-12-2-0 : +14)
○スタンリー・ジョンソン
(20-6-1-3-1-1 : +2)
○ノーマン・パウエル
(19-11-5-1-1-0 : +7)
○クリス・ブーシェー
(29-25-10-2-1-2 : +1)
○渡邊 雄太
(14-3-4-0-1-1 : +8)
○マラカイ・フリン
(6-3-0-1-1-0 : -7)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101140TOR.html

ロケッツvsスパーズ

ロケッツ(HOU) : 109(4-6)
vs
スパーズ(SAS) : 105(6-6)

ロケッツ勝利!


ハイライト:

____ |1Q | 2Q | 3Q | 4Q |
——-+—-+—–+—–+—–+—-
HOU | 30 | 18 | 27 | 34 | 109
SAS | 27 | 18 | 34 | 26 | 105

ウォールおやすみ!ゴードンおやすみ!
もちろんハーデンはいないし、オラディポも
いない。ロケッツ勝利!
今年、昨年より平均得点を10点以上伸ばし
好調を続けるウッドとブラウンが2人
揃って20点オーバーの大活躍!さらに
初スタメンのテイトも13得点10アシスト
さらには+17の活躍!ずっと追いかける
展開だったので、今メンバーじゃ難しい
かなと思ったら逆転!新しい光がさした!
こんな記事も出ていました。
ロケッツが敵地で勝利、クリスチャン・ウッドはジェームズ・ハーデンの退団を受け「チームの絆が強くなった」

スパーズはデローザン復帰!勝てるかな
と思った試合でしたが、最後逆転。残念。
ここ数試合はミルズに大きく助けられて
いたところも大きかったのがわかる試合で
ミルズやゲイが3割以下のFGで流れを
変えることができず、全体として3Pが
9/31 29%という状況は厳しかった。
その中でもジョンソンが29得点と奮起!
1人だけFGが7割台と爆発!これは今後
さらに期待ができそうです!素晴らしい。

ロケッツスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
ジャイショーン・テイト
(33-13-5-10-0-2 : +17)
●P.J.・タッカー
(35-10-6-2-1-0 : +6)
●クリスチャン・ウッド
(34-27-15-1-0-3 : +3)
スターリング・ブラウン
(36-23-7-3-2-0 : 0)
ベン・マクレモア
(21-3-3-4-0-0 : -7)
○デイビット・ヌワバ
(30-9-3-1-2-0 : +7)
○メイソン・ジョーンズ
(14-9-1-1-0-0 : -2)
○デマーカス・カズンズ
(18-9-4-2-1-0 : -7)
○ケニオン・マーティンJr.
(15-6-5-1-0-1 : +3)

スパーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●デマー・デローザン
(34-13-6-7-1-1 : 0)
●ケルドン・ジョンソン
(31-29-6-2-1-1 : -12)
●ラマーカス・オルドリッジ
(30-11-2-1-0-0 : -11)
●ロニー・ウォーカー4世
(25-16-3-2-0-0 : +8)
●デジャンテ・マレー
(35-10-8-7-5-0 : +2)
○パティ・ミルズ
(27-7-2-3-0-0 : -14)
○ルディ・ゲイ
(17-5-5-0-0-0 : -1)
○ヤコブ・ポートル
(15-2-6-3-0-2 : +3)
○デビン・ヴァッセル
(22-12-3-1-3-0 : +5)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101140SAS.html

ウォリアーズvsナゲッツ

ウォリアーズ(GSW) : 104(6-6)
vs
ナゲッツ(DEN) : 114(6-6)

ナゲッツ勝利!
→ウォリアーズ2連敗!

ハイライト:

____ |1Q | 2Q | 3Q | 4Q |
——-+—-+—–+—–+—–+—-
GSW| 24| 30 | 22 | 28 | 104
DEN | 37 | 28 | 25 | 24 | 114

ナゲッツが1Qから8人が得点を入れる
バランスの良い立ち上がりで13点差を
つけ、そのまま勝利!ヨキッチは
23-14-10で今季5回目のトリプルダブル!


チーム全体として3Pは不調だったけど、
7人がバランスよく二桁得点を取り、
追いつこうとするウォリアーズを振り切り
ました!

ウォリアーズはそこまで悪くなかっただけに
惜しい試合でした。ウィギンスは
マレーをFG 6/18に抑える活躍で、
エースストッパーとしての開花がすごい!

さらに18得点のワイズマン。ものすごい
ダンクをかまして、怪物感が出てきてる。
このまま怪我とかなくプレイできたら、
スーパースターになるよね。これ。

ベンチポイントが20得点と、ナゲッツの
41得点と比べると寂しすぎた。。。

ウォリアーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●アンドリュー・ウィギンズ
(35-16-3-3-0-1 : 0)
●ドレイモンド・グリーン
(25-1-4-7-1-0 : -4)
●ジェームズ・ワイズマン
(27-18-5-2-1-2 : 0)
●ケリー・ウーブレJr.
(30-14-5-2-1-1 : -7)
●ステフィン・カリー
(36-35-11-4-2-0 : -21)
○ケボン・ルーニー
(9-0-4-0-0-0 : -17)
○ケント・ベイズモア
(10-4-2-1-2-0 : -14)
○エリック・パスカル
(20-8-5-0-0-0 : -8)
○デイミオン・リー
(18-2-2-5-2-0 : +4)
○ブラッド・ワナメイカー
(16-3-1-3-0-0 : +8)
○マイケル・ムルダー
(6-3-1-1-0-0 : +7)
○ジョーダン・プール
(1-0-0-1-0-0 : +2)

ナゲッツスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●ボル・ボル
(9-4-1-0-0-1 : +1)
●ポール・ミルサップ
(23-12-4-4-3-1 : 0)
●ニコラ・ヨキッチ
(35-23-14-10-3-0 : +10)
ウィル・バートン
(32-17-4-3-1-1 : +5)
●ジャマール・マレー
(37-17-9-6-2-0 : +8)
○ジャマイケル・グリーン
(28-15-9-0-0-0 : +12)
○PJ・ドジャー
(22-10-6-2-0-0 : +2)
○モンテ・モリス
(32-11-2-3-2-1 : +10)
○アイザイア・ハーテンスタイン
(6-2-1-0-0-1 : +4)
○ファクンド・カンパッソ
(12-3-0-1-0-0 : -2)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101140DEN.html

ペイサーズvsブレイザーズ

ペイサーズ(IND) : 111(8-4)
vs
ブレイザーズ(POR) : 87(7-5)

ペイサーズ勝利!2連勝!!

ハイライト:

____ |1Q | 2Q | 3Q | 4Q |
——-+—-+—–+—–+—–+—-
IND | 26 | 33 | 25 | 27 | 111
POR| 26 | 10 | 35 | 16 | 87

ペイサーズ圧勝!!!
安定のターナーとサボニス。2人とも
ダブルダブルの活躍に、今日はブログドンが
25得点とフィーバー!ここにルバートが
来ることを考えると、恐ろしい布陣。
楽しみな展開ですね!

ディフェンシブレートが25位と守備が
機能していないブレイザーズ。この試合も
中を破られることが多く、イージーで
決められすぎた。もともとフロントコート
ではペイサーズが強く、ブレイザーズは
弱い構図ではあるけど、やられすぎた。
しかも、頼みのヌルキッチが右手首骨折の
アクシデント。今後の試合にも暗雲が
立ち込める展開になってしまった。。。
得点面でもCJ&デイム以外のメンバーの
活躍がないと今日の展開はまずい。
CJ&デイム:44得点 / 87得点

ペイサーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
ジャスティン・ホリデー
(25-11-3-1-0-1 : +8)
●ドマンタス・サボニス
(38-23-15-5-2-0 : +17)
マイルズ・ターナー
(37-11-10-0-1-4 : +13)
エドモンド・サムナー
(19-7-3-2-2-0 : -6)
●マルコム・ブログドン
(34-25-5-7-3-0 : +13)
○アーロン・ホリデー
(21-6-1-3-0-0 : +22)
○T.J.・マッコネル
(21-4-5-8-3-0 : +21)
○ジャカール・サンプソン
(12-3-5-0-0-0 : +8)
○ダグ・マクダーモット
(25-16-3-3-0-0 : +24)
○カシウス・スタンレー
(2-2-0-0-0-0 : 0)
○キーラン・マーティン
(2-3-0-0-0-0 : 0)

ブレイザーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●デリック・ジョーンズJr.
(21-9-6-0-0-3 : -8)
●ロバート・コビントン
(26-3-1-1-2-1 : -10)
●ユスフ・ヌルキッチ
(20-5-8-2-0-1 : -7)
●CJ・マッカラム
(34-22-3-4-1-0 : -7)
●デイミアン・リラード
(35-22-6-4-1-0 : -6)
○カーメロ・アンソニー
(21-10-2-1-2-0 : -13)
○ロドニー・フット
(10-0-1-0-0-0 : -8)
○ゲイリー・トレントJr.
(24-7-0-1-0-0 : -24)
○エネス・カンター
(15-4-9-2-0-0 : -9)
○アンファニー・サイモンズ
(9-0-2-1-0-0 : -13)
○ハリー・ジャイルズ3世
(11-1-5-0-2-0 : -9)
○ナシール・リトル
(4-0-0-0-0-0 : -3)
○CJ・エルビー
(4-3-0-0-0-0 : -3)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101140POR.html

本日終了時の順位

<イースト>

01. セルティックス(7-3)
02. シクサーズ(9-4)
03. バックス(8-4)
03. ペイサーズ(8-4)
05. マジック(6-5)
06. ネッツ(7-6)
07. ホークス(5-5)
08. ホーネッツ(6-7)
09. キャバリアーズ(5-7)
09. ニックス(5-7)
11. ヒート(4-6)
12. ブルズ(4-7)
13. ウィザーズ(3-8)
13. ラプターズ(3-8)
15. ピストンズ(2-9)

<ウエスト>

01. レイカーズ(10-3)
02. クリッパーズ(8-4)
03. サンズ(7-4)
03. ジャズ(7-4)
05. マーベリックス(6-4)
06. ブレイザーズ(7-5)
07. ナゲッツ(6-6)
07. ウォリアーズ(6-6)
07. スパーズ(6-6)
10. サンダー(5-6)
10. グリズリーズ(5-6)
12. キングス(5-7)
13. ペリカンズ(4-6)
13. ロケッツ(4-6)
15. ウルブズ(3-8)


本日のTOP10

明日の対戦カードはこちら!!!

●ウィザーズvsピストンズ→安全衛生プロトコルにより延期
●マジックvsセルティックス
●ニックスvsキャバリアーズ
●マーベリックスvsバックス
●グリズリーズvsウルブズ
●ブルズvsサンダー
●ウォリアーズvsサンズ→安全衛生プロトコルにより延期
●ホークスvsジャズ
●ペリカンズvsレイカーズ
●クリッパーズvsキングス


ぽんど

昨日の試合結果はこちらにまとめてます!

【NBAまとめ】2021年1月14日 〜4連勝が3チーム!それぞれの”らしさ”!

コメント

タイトルとURLをコピーしました