【NBAまとめ】2021年1月27日 〜好調クリッパーズに激震!レナード&PGがアウト!

NBA

日本時間2021年1月27日の試合結果をまとめております。
レナード&PGがセーフティー・プロトコルで出場停止!
ウォールvsビールの初対戦!
リバース&ゴベアが暴れたよ!
など

今日は3試合なので、あれから1年。。。
コービー追悼のニュースまとめました!

結果を知りたくない方は見ないでね。

本日の試合はこちらのカード&目次です。

昨日までの順位

<イースト>
01. シクサーズ(12-6)
02. セルティックス(10-6)
02. バックス(10-6)
04. ペイサーズ(10-7)
05. ネッツ(11-8)
06. ホークス(8-8)
07. キャバリアーズ(8-9)
08. マジック(8-10)
08. ニックス(8-10)
10. ブルズ(7-10)
10. ホーネッツ(7-10)
10. ラプターズ(7-10)
13. ヒート(6-10)
14. ウィザーズ(3-9)
15. ピストンズ(4-13)

<ウエスト>
01. レイカーズ(14-4)
02. クリッパーズ(13-4)
03. ジャズ(12-4)
04. ナゲッツ(10-7)
05. ブレイザーズ(9-7)
06. グリズリーズ(7-6)
07. サンズ(8-7)
08. ウォリアーズ(9-8)
08. スパーズ(9-8)
10. マーベリックス(8-9)
11. サンダー(7-9)
12. ロケッツ(6-9)
13. キングス(6-10)
14. ペリカンズ(5-10)
15. ウルブズ(4-12)

クリッパーズvsホークス

クリッパーズ(LAC) : 99(13-5)
vs
ホークス(ATL) : 108(9-8)

ホークス勝利!

ハイライト:

1Q2Q3Q4Q
LAC2127222999
ATL22213332108

昨日、クリッパーズに衝撃が!なんとコロナのセーフティー・プロトコルでレナードとPGが出場不可!せっかく好調だったのに、この場面でエース2人を同時に欠く状態で戦わないといけなくなってしまいました!

そんなクリッパーズ、2人がいない中でもイバカ、レジー・ジャクソンが引っ張り前半をリードして折り返します。ただ、3Qで失速。逆転されてしまい、4Qも粘りましたが惜しくも敗北。うーん、残念ですがしょうがないよね。逆にエース2人以外のステップアップの時間!と割り切るしかないなと思います。ここまで勝ち星を重ねられているし、特にマン、ケナード、コフィの成長に期待してます!
ちなみに、今日は今季初スタメンのマンは10得点9リバウンド。スタメンだったけど、FGアテンプト8本とそこまで多くないので、もっと積極的に行っていいのでは!?以前見せた、超絶パスとか見せて欲しいぜー。ケナードは13得点 FG 5/13と確率が悪い!確率の良い悪いの波が激しいので安定した活躍を!コフィはまず時間もらえるようにアピールですね!

そして、エース抜きのクリッパーズを撃破したホークス!この1勝は大きい!ヤングが38得点の活躍!しかも、4Q残り2分で超ロング3Pを決めてゲームを終わらせたあたりは、さすがだな!としか言いようがない感じでした。さらに、ここ前の試合で33得点、今日も22得点と得点力をはっきしてきているハンター!もともとディフェンスタイプなので、そこに得点力が加わると怖い存在に!ただ、シュートはずし過ぎだけどねー。とはいえ、エース2人いないクリッパーズに結構苦戦したのが今のホークスの実力。若手のチームではあるけど、あまりベンチのベテランと混ぜていかないので、その辺とかどうなんだろうと個人的には疑問が残っております。

クリッパーズ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
テレンス・マン
(33-10-9-1-4-0 : -12)
●ニコラ・バトゥーム
(32-5-4-5-0-0 : -6)
サージ・イバカ
(28-15-5-3-0-3 : -3)
ルーク・ケナード
(28-13-3-2-4-0 : -4)
レジー・ジャクソン
(39-20-7-8-2-1 : -1)
○ルー・ウィリアムズ
(22-11-3-3-0-0 : -3)
○アミア・コフィ
(12-2-0-0-0-0 : -4)
○マーカス・モリスSr.
(24-10-5-0-1-0 : -5)
○イビツァ・ズバッツ
(18-13-10-1-0-0 : -7)

ホークス スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●ディアンドレ・ハンター
(36-22-3-4-1-1 : +9)
●ジョン・コリンズ
(35-11-11-3-0-5 : +4)
●クリント・カペラ
(34-13-18-1-2-2 : +2)
●ケビン・ハーター
(35-13-2-3-0-1 : +4)
●トレイ・ヤング
(36-38-3-5-1-0 : +12)
○ソロモン・ヒル
(23-0-4-1-2-0 : +1)
○トニー・スネル
(2-0-1-1-0-0 : +2)
○ブランドン・グッドウィン
(15-7-3-2-0-0 : +6)
○ラジョン・ロンド
(6-2-0-0-1-0 : 0)
○ダニーロ・ガリナリ
(14-2-1-0-0-0 : +7)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101260ATL.html

ウィザーズvsロケッツ

ウィザーズ(WAS) : 88(3-10)
vs
ロケッツ(HOU) : 107(7-9)

ロケッツ勝利!3連勝!!!
→ウィザーズ2連敗。。

ハイライト:

1Q2Q3Q4Q
WAS2923181888
HOU26301932107

ビールとウォールの初盟友対決!試合前のシェイクハンドだけでめちゃくちゃアツい!

そんなこの試合は、終盤まで一進一退の攻防が続く好ゲーム。コロナの影響で全然主力がいかないウィザーズを引っ張るビールは33得点5リバウンド4アシストの活躍!ハーデンを放出して新しいチームのエースとなったウォールは24得点2リバウンド5アシストの活躍!接戦で迎えた4Qはウォールの9得点、オラディポの10得点、カズンズの6得点と活躍し押し切ったロケッツの勝利!ロケッツは個の力が強く、ウォール、オラディポ、ゴードンのムーブは今日のハイライトですね。

ウィザーズは4Q、ビールとウェストブルックが8得点ずつあげましたが、それ以外はマシューズの2得点のみ。しかもビールはFG 3/8、ウェストブルックはFG 3/6と大事なところで決めきれなかったのも大きかったですね。とはいえウィザーズ、これはしょうがないよね。もちろん勝つのは大事ですが、今日の試合で言うとチームでのFGアテンプトが84本に対して、ビールのFGアテンプトが28本と3割以上を独占。ウェストブルックの17本と合わせると2人で半分以上。ここはチームの成長を考えるタイミングでもいいのではと思ってしまいますね。ビール!そんなに悩まないでほしい(インタビューより)。

ウォールの試合後のインタビューでは、ウィザーズを離れた経緯を。うーん辛いね。ウォールはDCのフランチャイズプレイヤーだと思っていたのになー。

ウィザーズ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
アイザック・ボンガ
(25-0-4-0-0-0 : -9)
アンソニー・ギル
(22-2-8-2-1-0 : +6)
ロビン・ロペス
(29-10-3-3-1-0 : -8)
●ブラッドリー・ビール
(35-33-5-4-0-1 : -4)
ラッセル・ウエストブルック
(28-29-11-7-0-0 : -13)
○ハウル・ネト
(22-8-5-1-3-1 : -12)
○ジェローム・ロビンソン
(29-4-5-1-1-0 : -21)
○アレックス・レン
(6-0-2-1-0-0 : 0)
○ジョーダン・ベル
(15-4-4-0-0-1 : -14)
○ギャリソン・マシューズ
(23-8-2-0-1-0 : -17)
○キャシアス・ウィンストン
(1-0-0-0-0-0 : -3)

ロケッツ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
ジャイショーン・テイト
(28-3-7-0-1-0 : +8)
●P.J.・タッカー
(34-0-2-0-1-0 : +1)
デマーカス・カズンズ
(33-19-11-2-5-1 : +6)
●ビクター・オラディポ
(36-20-5-1-0-0 : +4)
●ジョン・ウォール
(24-24-2-5-1-0 : +11)
○デイビット・ヌワバ
(23-11-9-3-2-1 : +20)
○ダニエル・ハウスJr.
(13-2-1-0-0-1 : +9)
○エリック・ゴードン
(28-20-2-4-1-0 : +15)
○スターリング・ブラウン
(15-8-5-1-1-1 : +22)
○ベン・マクレモア
(2-0-0-0-1-0 : -1)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101260HOU.html

ニックスvsジャズ

ニックス(NYK) : 94(8-11)
vs
ジャズ(UTA) : 108(13-4)

ジャズ勝利!9連勝!!!
→ニックス3連敗。。。

ハイライト:

1Q2Q3Q4Q
NYK2732221394
UTA18283428108

ニックス!リバース!なんだこの活躍!前半で3P 5/5を含むFG 10/10のノーミスで前半だけで25得点を稼ぐ活躍!しかもバレットもFG 5/6で11得点、ランドルも11得点といいスタートを切り、リードして折り返しましたが。。。前半ノーミスで25得点だったリバースは、試合トータルで25得点!!!???バレットは後半6得点、ランドルは7得点と極端な話、後半は誰もいいところなし。サラーっとジャズに逆転され、最終的には14点差の敗北。。。なんだったんだあの前半は。

ジャズは前半苦戦したものの、ミッチェル以外は後半にガッと調整してきて、ゴベアが安定の18得点19リバウンド!コンリーの19得点(後半で17得点!)、オニールの4Q9得点とバランスよく活躍してこれで9連勝!今日負けたクリッパーズを抜いて、ついに単独2位に浮上!大きな戦力ダウンがなく、安定的にそこそこ稼げるプレイヤーの層が厚く、ミッチェルの爆発がある。強い!ただ、レイカーズに勝てる気配はしないんだよなー。ミッチェルゴベアがもう2段階くらいレベル上がんないときついのが現実かな。にしてもジャズ強い!

ニックス スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

アレック・バークス
(23-9-7-1-1-0 : -5)
●ジュリアス・ランドル
(35-18-10-4-0-0 : -14)
●ミッチェル・ロビンソン
(30-7-7-1-0-2 : -15)
●RJ・バレット
(40-17-4-4-1-0 : -7)
●エルフリッド・ペイトン
(21-4-2-2-0-0 : -7)
○ナーレンズ・ノエル
(17-2-4-1-3-2 : +1)
○オースティン・リバース
(27-25-3-1-0-0 : -13)
○イマニュエル・クイックリー
(22-6-4-1-1-0 : -5)
○オビ・トッピン
(13-4-2-0-0-0 : 0)
○ケビン・ノックス2世
(7-0-1-0-0-0 : -7)
○シオ・ピンソン
(1-2-0-0-0-0 : +2)

ジャズ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●ボーヤン・ボクダノビッチ
(24-11-1-1-1-0 : -4)
●ロイス・オニール
(34-20-6-2-0-1 : +3)
●ルディ・ゴベア
(31-18-19-2-0-4 : +27)
●ドノバン・ミッチェル
(34-9-8-3-0-0 : +1)
●マイク・コンリー
(31-19-7-5-0-0 : +27)
○ジョー・イングルス
(27-7-2-6-0-0 : +11)
○デリック・フェイバーズ
(15-2-4-1-0-0 : -11)
○ジョーダン・クラークソン
(23-13-5-4-3-0 : +10)
○ジョージ・ニアン
(12-9-1-0-2-0 : +14)
○シャキール・ハリソン
(1-0-0-0-0-0 : -2)
○ジュワン・モーガン
(1-0-0-0-0-0 : -2)
○ユドカ・アズブーキー
(1-0-0-0-0-0 : -2)
○ミイェ・オニ
(1-0-0-0-0-0 : -2)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101260UTA.html

本日終了時の順位

<イースト>
01. シクサーズ(12-6)
02. セルティックス(10-6)
02. バックス(10-6)
04. ペイサーズ(10-7)
05. ネッツ(11-8)
06. ホークス(9-8)
07. キャバリアーズ(8-9)
08. マジック(8-10)
09. ニックス(8-11)
10. ブルズ(7-10)
10. ホーネッツ(7-10)
10. ラプターズ(7-10)
13. ヒート(6-10)
14. ピストンズ(4-13)
15. ウィザーズ(3-10)

<ウエスト>
01. レイカーズ(14-4)
02. ジャズ(13-4)
03. クリッパーズ(13-5)
04. ナゲッツ(10-7)
05. ブレイザーズ(9-7)
06. グリズリーズ(7-6)
07. サンズ(8-7)
08. ウォリアーズ(9-8)
08. スパーズ(9-8)
10. マーベリックス(8-9)
11. ロケッツ(7-9)
11. サンダー(7-9)
13. キングス(6-10)
14. ペリカンズ(5-10)
15. ウルブズ(4-12)


本日のTOP5

明日の対戦カードはこちら!!!

●ペイサーズvsホーネッツ
●ピストンズvsキャバリアーズ

●キングスvsマジック
●ネッツvsホークス
●ナゲッツvsヒート
●レイカーズvsシクサーズ
●バックスvsラプターズ
●ブルズvsグリズリーズ→安全衛生プロトコルにより延期
●セルティックスvsスパーズ
●ウィザーズvsペリカンズ
●サンダーvsサンズ
●マーベリックスvsジャズ
●ウルブズvsウォリアーズ

あれから1年 KOBE Forever.

今日であの悲劇から1年が経ちますね。
1年経った今でも、自分も含めてほとんどの人の傷は癒えてないと思います。いや癒えることはないんでしょうね。ただ、今だってコービーのプレイを見ることはできるし、言葉も残ってる。彼がそこにいることは変わりません!こうやって何度も彼のことを思い出して、心に刻んでまた頑張る。それしかない。Mamba Mentality!

そんな今日、コービーに関する多くのツイートや記事がありましたので下記にまとめました。

Thank you KOBE! R.I.P




ぽんど

昨日の試合結果はこちらにまとめてます!

【NBAまとめ】2021年1月26日 〜キングがひとりで大暴れ!&渡邊雄太 今季最多9得点!

コメント

タイトルとURLをコピーしました