【NBAまとめ】2021年1月29日 〜好調だったLAの両チームが!?

NBA

日本時間2021年1月29日の試合結果をまとめております。

<速報版>
レイカーズがまさかの!?
もう一方のLAは相変わらずエース抜!
メンバーがいないブレイザーズ
そしてメンバーが揃ったロケッツ
3連敗中のサンズは打破できるか!?

結果を知りたくない方は見ないでね。

本日の試合はこちらのカードです。

昨日までの順位

<イースト>
01. シクサーズ(13-6)
02. バックス(11-6)
03. ペイサーズ(11-7)
04. ネッツ(12-8)
05. セルティックス(10-7)
06. キャバリアーズ(9-9)
06. ホークス(9-9)
08. マジック(8-11)
08. ニックス(8-11)
10. ブルズ(7-10)
11. ホーネッツ(7-11)
11. ラプターズ(7-11)
13. ヒート(6-11)
14. ピストンズ(4-14)
15. ウィザーズ(3-11)

<ウエスト>
01. ジャズ(14-4)
02. レイカーズ(14-5)
03. クリッパーズ(13-5)
04. ナゲッツ(11-7)
05. ブレイザーズ(9-7)
06. ウォリアーズ(10-8)
06. スパーズ(10-8)
08. グリズリーズ(7-6)
09. サンズ(8-8)
10. サンダー(8-9)
11. マーベリックス(8-10)
12. ロケッツ(7-9)
13. キングス(7-10)
14. ペリカンズ(6-10)
15. ウルブズ(4-13)

ブレイザーズvsロケッツ

ブレイザーズ(POR) : 101(9-8)
vs
ロケッツ(HOU) : 104(8-9)

ロケッツ勝利!4連勝!!!!

ハイライト:

1Q2Q3Q4Q
POR32182724101
HOU17363318104

今日ウッドが復帰し、ようやくメンバーが揃ったロケッツ!ただ、序盤はリラードの猛攻!1Qから13得点 3P 3/4とアクセル全開でこられ、一方のロケッツはFG28%、3P12%といきなりつまずき、途中20点の差をつけられてしました。ただそこからしっかり追い上げ、2Qが終わるタイミングでは逆転!そこから4Qまた失速して、2回逆転され最後までヒヤヒヤでしたがなんとか勝ちきり成功!これでロケッツ4連勝!成績もあと1つで5割復帰と明るい兆しが!
ウォールが20得点5リバウンド6アシスト、オラディポが25得点7リバウンド5アシスト、そして復帰したばかりのウッドが22得点12リバウンド!3Pはゲームを通してあがらず27%でしたが、エース達の幅広い活躍で勝利をもぎ取る!このあとのスケジュールもそこまでキツい戦いはないので、このまま波に乗って勝ち星を増やし、ケミストリーを上げていきたいですね!

ウォールもコメントしてましたが、反骨精神が出ているロケッツ!なんだか急に楽しみになってきました!

一方ブレイザーズ!スタートダッシュをしたものの、最終的に勝ちきれず。CJ、コビントン、ヌルキッチ、コリンズといないメンバーが大きすぎて、それによりリラードの負担が大きすぎて、厳しかったですね。1Q13得点と爆発したリラードも後半は10得点のみ。そりゃそうだよね。ラストショットも打たせてもらえず、厳しい現実が突きつけられた感じでした。全体的に失速した4QにトレントJr.が孤軍奮闘!4Qで3P 4/5を含む12得点は素晴らしかった!この活躍があったからこそ、最後チームとして踏ん張れなかったのは悔やまれますね。ロールプレイヤーの育成や爆発に期待ですね。

ブレイザーズ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●デリック・ジョーンズJr.
(26-11-7-0-1-3 : 0)
カーメロ・アンソニー
(37-6-9-1-2-1 : +9)
エネス・カンター
(32-13-13-2-1-2 : -1)
ゲイリー・トレントJr.
(37-23-3-1-11-0 : +2)
●デイミアン・リラード
(37-30-4-9-0-0 : +1)
○アンファニー・サイモンズ
(28-14-8-0-0-0 : -8)
○ロドニー・フット
(19-2-2-1-1-0 : -7)
○ハリー・ジャイルズ3世
(14-2-3-2-0-1 : -2)
○ナシール・リトル
(4-0-0-0-0-0 : -9)

ロケッツ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
ジャイショーン・テイト
(16-2-3-1-1-0 : -13)
●P.J.・タッカー
(31-2-6-0-0-2 : +3)
●クリスチャン・ウッド
(32-22-12-0-1-1 : +16)
●ビクター・オラディポ
(36-25-7-5-1-1 : +4)
●ジョン・ウォール
(29-20-5-6-0-1 : +3)
○エリック・ゴードン
(29-8-4-1-0-1 : +2)
○デマーカス・カズンズ
(11-6-4-3-1-0 : -15)
○スターリング・ブラウン
(20-6-3-1-2-1 : +5)
○デイビット・ヌワバ
(12-2-1-1-2-0 : +1)
○ダニエル・ハウスJr
(19-11-2-1-0-0 : +9)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101280HOU.html

レイカーズvsピストンズ

レイカーズ(LAL) : 92(14-6)
vs
ピストンズ(DET) : 107(5-14)

ピストンズ勝利!
→レイカーズ2連敗。。(今シーズン初連敗)

ハイライト:

1Q2Q3Q4Q
LAL3127201492
DET34222625107

ピストンズ勝利!レイカーズから大金星!今日はシュートが不調なグラントに変わってチームハイの得点をあげたのがグリフィン!23得点中でも圧巻だったのは3Qの3P!3/5の高確率でヒットし、15-2のランの起爆剤に!さらにここ3試合でFG%の平均が78%を超えるプラムリーの得点も続き、4Qには16-0のランをかまし、レイカーズ相手に勝利を収めました!成績だけ見ると5勝しかできていないですが、その5勝をあげた相手がセルティックス、サンズ、ヒート、シクサーズ、レイカーズ。えーっと、、、強くない!?

一方、ADが欠場。代わりにスタメンとして出場のクズマが22得点10リバウンドと奮起!ただ、やっぱりこうなった時はレブロンへの負担が大きく、それが4Qに出てまさかのレブロン0得点で大失速。今日はガソルが試合通して0得点。シュルーダーはFG25%、ハレル、カルーソ、マシューズとパッとせず、KCPは3Pのアテンプトがたったの1本!歯車が噛み合わなすぎて、痛い敗北でした。レイカーズは今季初2連敗。THTは良いよね。波あるけど、良いよね。

レイカーズ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●カイル・クーズマ
(29-22-10-0-0-1 : -16)
レブロン・ジェームズ
(35-22-7-10-1-0 : -11)
●マルク・ガソル
(25-0-9-4-0-0 : -6)
●ケンテイピアス・コールドウェルポープ
(27-6-2-1-0-1 : -20)
●デニス・シュルーダー
(28-10-3-4-0-0 : -16)
○アレックス・カルーソ
(19-6-2-2-0-0 : +4)
○ウェスリー・マシューズ

(16-3-1-0-0-0 : -7)
○モントレズ・ハレル
(23-8-3-1-1-1 : -9)
○マーキーフ・モリス
(12-0-4-2-0-0 : +1)
○テイレン・ホートン・タッカー
(14-13-2-1-0-0 : -1)
○クイン・クック
(2-0-1-0-0-0 : +2)
○デボンテ・ケイコック
(2-2-0-0-0-0 : +2)
○アルフォンゾ・マッキニー
(2-0-0-0-0-0 : +2)

ピストンズ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●ジェレミー・グラント
(37-14-3-6-0-0 : +21)
●ブレイク・グリフィン
(35-23-3-6-0-0 : +24)
●メイソン・プラムリー
(26-17-10-2-0-1 : +7)
●ウェイン・エリントン
(28-20-2-2-0-0 : +24)
デロン・ライト
(26-6-8-6-2-0 : +21)
○アイザイア・スチュワート
(21-8-6-0-0-1 : +8)
ジョシュ・ジャクソン
(17-3-2-2-0-0 : -4)
○デリック・ローズ
(20-14-1-3-2-0 : -6)
○セクー・ドゥンブヤ
(12-2-1-0-0-0 : -9)
○スビ・ミハイリュク
(12-0-2-0-0-0 : -11)
フランク・ジャクソン
(0-0-0-0-0-0 : 0)
○デーヴィタス・サーヴィディス
(0-0-0-0-0-0 : 0)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101280DET.html

クリッパーズvsヒート

クリッパーズ(LAC) : 109(14-5)
vs
ヒート(MIA) : 105(6-12)

クリッパーズ勝利!
→ヒート5連敗。。。。。

ハイライト:

1Q2Q3Q4Q
LAC19294021109
MIA33181936105

こちらのLAもレナード&PGがおらず、かなり苦しい展開!そんな中6人が二桁得点、ボールもシェアしてアテンプトもバランスよく攻撃していましたね!バトゥームが攻撃を引っ張り18得点!3P 6/9はむちゃくちゃ助かるシュートでした!ヒートを突き放した3Qは4/6!ベンチからルーとモリスがそれぞれ17得点と16得点。確率があまりよくなかったけれど助かる仕事をしてましたね!終盤、ジャクソンが間違えてTOを要求しテクニカルとなる不運も続き、追い込まれましたが辛くも勝利!この状況で勝てるのは、チーム力が上がってきている証拠なのかもしれませんね。ただ、明日もBtoBでマジック戦。そのあと、ニックス、ネッツ、キャブス、セルティックスと続くので、かなり厳しいタフな戦いになりそうです。

一方のヒートはヒーローが7試合ぶりに復帰!ただ、こちらはもっと深刻で、バトラー、ドラギッチ、イグダラ、ブラッドリーが欠場。ボールが回らないとヒーローとロビンソンがいきないよね。。。そもそも3Pアテンプトが2人合わせて11本だけ(成功は3本のみ)。これは厳しかったですね。主力への負担も大きく、バムはFG6/16、ナンはFG5/12、ロビンソンはFG2/8、ヒーローはFG8/21と、最後追い込んだのはよかったですが、そもそも難しいですね。ゲームをコントロールできる選手がいないので、選手達らしさがでず、まだまだ厳しい戦いが続きそうです。どうしたもんかね。

クリッパーズ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
テレンス・マン
(26-12-3-2-0-1 : +17)
●ニコラ・バトゥーム
(31-18-6-2-2-0 : +3)
サージ・イバカ
(26-10-13-3-1-1 : +16)
ルーク・ケナード
(27-9-4-3-0-0 : +8)
レジー・ジャクソン
(36-16-8-6-1-0 : +4)
○マーカス・モリスSr.
(26-16-5-1-1-0 : -8)
○ルー・ウィリアムズ
(28-17-5-4-2-0 : -2)
○イビツァ・ズバッツ
(21-6-8-1-1-2 : -10)
○アミア・コフィ
(16-5-3-0-3-0 : -8)

ヒート スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
ダンカン・ロビンソン
(32-6-5-3-1-0 : -8)
●ケリー・オリニク
(24-9-4-1-0-0 : -3)
●バム・アデバヨ
(34-16-13-7-10 : -3)
●タイラー・ヒーロー
(31-19-10-5-1-0 : +1)
●ケンドリック・ナン
(32-10-3-3-0-0 : -5)
ゲイブ・ヴィンセント
(25-18-4-4-2-0 : +1)
○プレシャス・アチウワ
(13-10-5-0-0-0 : -1)
○マックス・ストゥルース
(20-12-0-0-0-0 : -1)
○KZ・オクパラ
(23-5-1-1-0-1 : -1)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101280MIA.html

ウォリアーズvsサンズ

ウォリアーズ(GSW) : 93(10-9)
vs
サンズ(PHX) : 114(9-8)

サンズ勝利!

ハイライト:

1Q2Q3Q4Q
GSW2918242293
PHX36163329114

3連敗中、しかもこの試合の前まで6試合中1勝5敗で勝率が5割になってしまっていたサンズ!今日は勝利!スタメン5人を含む7人が二桁得点!ブッカーがいない中でもチームで勝ちましたね。2Qで一度逆転されましたが、基本的にはサンズペースで圧勝といってもいいんじゃないかな。FGアテンプト数がメンバーであまり差がないところは、チームとして戦えている証拠でこれを止めるのはなかなか難しい。今年はブッカーがいても、そこまでブッカーに偏らないところが強さ(ちょっと負けてけど。。。)

ベンチから出てきたカミンスキーはリバウンドとアシストの2部門でキャリアハイ!こんなことあるのね。

逆にウォリアーズはどうしてもカリーにボールがあつまるので、今日みたいな展開になるときつい!どうしても周りのメンバーが奮起しないと、カリーへのディフェンスも集中して難しいですね。カリーが27得点に対しウィギンス16得点、パスカル12得点、その他のメンバーは一桁得点。FG38%、3P28。特にスタメンのウーブレがFG1/11、グリーンが1/7これはあかんでしょ。。。勝ち負けの点差が大きいのは、それだけ波があるということ。若いメンバーなのでしょうがないですが、いい時はすごくいいので、うまくチームを作って欲しいです!

ウォリアーズ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●アンドリュー・ウィギンズ
(28-16-5-1-0-0 : -18)
●ドレイモンド・グリーン
(24-2-4-6-3-0 : -17)
ケボン・ルーニー
(15-2-4-1-2-0 : -6)
●ケリー・ウーブレJr.
(25-4-4-1-1-0 : -17)
●ステフィン・カリー
(31-27-4-4-0-0 : -23)
○マイケル・ムルダー
(15-3-3-1-0-0 : -3)
○ジェームズ・ワイズマン
(18-5-6-1-1-0 : -10)
○デイミオン・リー
(18-0-6-0-0-0 : -4)
○ケント・ベイズモア
(15-7-5-2-1-0 : 0)
○エリック・パスカル
(18-12-1-2-0-0 : -5)
○ブラッド・ワナメイカー
(17-8-1-0-0-0 : -6)
○ニコ・マニオン
(5-0-4-2-0-0 : +2)
○ジョーダン・プール
(5-7-1-0-0-1 : +2)

サンズ スタッツ

(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)
●キャメロン・ジョンソン
(30-13-5-2-0-0 : +8)
●ジェイ・クラウダー
(28-16-9-3-1-0 : +20)
●ディアンドレ・エイトン
(23-12-13-4-1-0 : +11)
ミケル・ブリッジズ
(31-20-1-5-2-1 : +25)
●クリス・ポール
(27-13-3-4-2-0 : +27)
○ラングストン・ギャロウェイ
(20-8-53-0-0 : +7)
○イートワン・モア
(20-2-2-2-0-0 : -6)
○フランク・カミンスキー
(24-12-13-8-1-0 : +12)
○アブデル・ネイダー
(25-16-5-3-0-0 : +12)
○ジェイレン・スミス
(5-2-0-0-0-0 : -4)
○ジェボン・カーター
(3-0-1-0-0-0 : -7)

さらに詳しいスタッツ
https://www.basketball-reference.com/boxscores/202101280PHO.html

本日終了時の順位

<イースト>
01. シクサーズ(13-6)
02. バックス(11-6)
03. ペイサーズ(11-7)
04. ネッツ(12-8)
05. セルティックス(10-7)
06. キャバリアーズ(9-9)
06. ホークス(9-9)
08. マジック(8-11)
08. ニックス(8-11)
10. ブルズ(7-10)
11. ホーネッツ(7-11)
11. ラプターズ(7-11)
13. ヒート(6-12)
14. ピストンズ(5-14)
15. ウィザーズ(3-11)

<ウエスト>
01. ジャズ(14-4)
02. クリッパーズ(14-5)
03. レイカーズ(14-6)
04. ナゲッツ(11-7)
05. スパーズ(10-8)
06. グリズリーズ(7-6)
07. サンズ(9-8)
07. ブレイザーズ(9-8)
09. ウォリアーズ(10-9)
10. ロケッツ(8-9)
10. サンダー(8-9)
12. マーベリックス(8-10)
13. キングス(7-10)
14. ペリカンズ(6-10)
15. ウルブズ(4-13)


本日のTOP5

明日の対戦カードはこちら!!!

●ペイサーズvsホーネッツ
●ホークスvsウィザーズ
●キャバリアーズvsニックス
●キングスvsラプターズ
●バックスvsペリカンズ
●クリッパーズvsマジック
●シクサーズvsウルブズ
●ネッツvsサンダー
●ナゲッツvsスパーズ
●マーベリックスvsジャズ


ぽんど

昨日の試合結果はこちらにまとめてます!

【NBAまとめ】2021年1月28日 〜東と西の首位対決!この接戦を制したのは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました