【NBA解説】2/22.2021 〜今日もヒリヒリの上位対決BKN vs LAC / 試合結果まとめ

NBA

日本時間2021年2月22日の試合結果をまとめております。

20点差を追いかける大激闘!
ジャレット・アレンがキャブスに名を刻む!
ブーチェビッチとフォーニエ
シモンズ復帰のシクサーズ
今日の渡邊雄太は!?
ディープスリーでぶち上げるヤング!
BKNvsLACの上位対決
調子を落としているバックス

結果を知りたくない方は見ないでね。

本日の試合はこちらのカードです。
☆:解説付き

昨日までの順位

<イースト>
01. シクサーズ(20-10)
02. ネッツ(19-12)
03. バックス(17-13)
04. セルティックス(15-14)
04. ペイサーズ(15-14)
06. ラプターズ(15-15)
07. ホーネッツ(14-15)
08. ニックス(14-16)
09. ブルズ(13-16)
10. ヒート(13-17)
11. ホークス(12-17)
12. マジック(12-18)
13. ウィザーズ(10-17)
14. キャバリアーズ(10-20)
15. ピストンズ(8-21)

<ウエスト>
01. ジャズ(24-6)
02. クリッパーズ(22-9)
02. レイカーズ(22-9)
04. サンズ(19-10)
05. ブレイザーズ(18-11)
06. スパーズ(16-11)
07. ナゲッツ(16-13)
08. ウォリアーズ(16-15)
09. グリズリーズ(13-13)
10. マーベリックス(13-15)
11. キングス(12-17)
11. ペリカンズ(12-17)
13. ロケッツ(11-17)
14. サンダー(11-18)
15. ウルブズ(7-23)

☆セルティックスvsペリカンズ

セルティックス(BOS) : 115(15-15)
vs
ペリカンズ(NOP) : 120(13-17)

ペリカンズ勝利!

1Q2Q3Q4QOT
BOS303324217115
NOP2819273412120

完全にセルティックスペースでどんどん点差がついていき、3Qには24点差となり、このまま無難にセルティックスが勝つのかなと思いましたが、なんと4Qでペリカンズが逆転!!!4Qだけでザイオンが13得点、ハートが9得点とチームを引っ張り逆転!

ただ、それでは終わらなかった。スゴい攻防がここから繰り広げられました。残り4分でザイオンとイングラムで同点、メッリに3Pで逆転されましたが、そこからは一進一退。すぐさまテイタムが3Pを返して同点。さらにザイオンとハートの得点で再度3点の差をつけると、ブラウンがファールを受けながらシュートを決め、尚も同点!そしてもう残り30秒。

ファールを受けたボールがフリースロー1本決めて1点差。残り30秒。セルティックスの攻撃。ここで決めるのが流石のテイタム!残り11秒でさらに1点差にし返しましたが、なんとすぐさまザイオンがファールをもらって得点!フリースローも決めて2点差。そして残り6秒のラストプレーを託されたのが、やはりテイタム!ボールをもらって左から切れ込んでそのままレイアップを鎮める!!!さすがです。

そのまま試合はOTに!お互い一歩も譲らない試合展開でしたが、イングラムが残り34秒で3Pをヒット!これが決勝点になって勝ち切ったペリカンズ。とにかくスゴい展開でした。ペリカンズ大逆転。セルティックスにとっては悔しい敗北ですね。

テイタムの残り6秒からの同点レイアップ!

試合のスタッツ
Boston Celtics at New Orleans Pelicans Box Score, February 21, 2021 | Basketball-Reference.com
Box Score - Boston Celtics (115) vs. New Orleans Pelicans (120) - February 21, 2021

☆サンダーvsキャバリアーズ

サンダー(OKC) : 117(12-18)
vs
キャバリアーズ(CLE) : 101(10-21)10連敗。。。。。。。。。。

キャバリアーズ勝利!

1Q2Q3Q4Q
OKC31312431117
CLE28232426101

シェイが久々の30点越えの大活躍!30得点4リバウンド9アシスト!キャブスは止めることができかなり好きなようにやられてしまいましたね。さらに今日はベンチの活躍が光りました!ディアロが15得点(FG5/5)、マスカーラが13得点5リバウンドを軸にベンチから出た4人全員が+-で+二桁以上の活躍!ここは大きかった!

キャブスはセクストンが27得点5リバウンド3アシスト、アレンがキャリアハイの26得点、FGは11/11と100%!キャブスに歴史を残した成績になりました!ただ、なんとベンチポイントが9得点のみ。ベンチポイントで42:9と大差をつけられ敗北。これで10連敗。。。あのネッツ相手に2連勝した勢いはどこへ!?

試合のスタッツ
Oklahoma City Thunder at Cleveland Cavaliers Box Score, February 21, 2021 | Basketball-Reference.com
Box Score - Oklahoma City Thunder (117) vs. Cleveland Cavaliers (101) - February 21, 2021

☆ピストンズvsマジック

ピストンズ(DET) : 96(8-22)3連敗。。。
vs
マジック(ORL) : 105(13-18)3連勝!!!

マジック勝利!

1Q2Q3Q4Q
DET2622282096
ORL28282722105

マジックは怪我人が多く苦しい中ですが、まじでブーチェビッチのハッスルが素晴らしい!ここ5試合での4勝目となりましたが、この5試合平均で17.8得点12.6リバウンド4.4アシスト!今日も37得点12リバウンド3アシストは超絶!

さらに、フォーニエはシーズンハイの29得点!さらに7リバウンド7アシスト!フォーニエもマジックになくてはならない選手で、復帰してから3連勝!さらにその3試合の平均+-が+18とチームの軸になっていることはあきらかですね。もう1人!ロス!ベンチから出て今日も17得点の活躍。これで8試合連続二桁得点。多少波はあるもののビックショットを決めてチームを助けられる強心臓も持っていて、厳し中でも、この3人の主軸がしっかりするかが今後の決め手ですね!

ピストンズは厳しい戦いが続きます。グラントの奮起だけでは難しすぎます。

試合のスタッツ
Detroit Pistons at Orlando Magic Box Score, February 21, 2021 | Basketball-Reference.com
Box Score - Detroit Pistons (96) vs. Orlando Magic (105) - February 21, 2021

☆シクサーズvsラプターズ

シクサーズ(PHI) : 103(20-11)
vs
ラプターズ(TOR) : 110(16-15)4連勝!!!!

ラプターズ勝利!

1Q2Q3Q4Q
PHI24312919103
TOR28243127110

大きな波で1Qと3Qにそれぞれ10点差以上つけたシクサーズのゲームでしたが、4Qでまさかの失速。シモンズが復帰した試合でしたが、痛い敗戦でした。シクサーズはシモンズが28得点9リバウンド5アシスト、エンビードが25得点17リバウンド2アシスト2ブロックの活躍!ただ、チーム全体として3Pが29%さらに、ペイントのポイントで比較しても36:44と負け越しているんですよね。さらにベンチポイントも16:35と完敗。スタメンの破壊力は随一ですが、チームとしてのラプターズの強さが上回りましたね。

今日の渡邊雄太

今日の試合は出場機会なしでした。

試合のスタッツ
Philadelphia 76ers at Toronto Raptors Box Score, February 21, 2021 | Basketball-Reference.com
Box Score - Philadelphia 76ers (103) vs. Toronto Raptors (110) - February 21, 2021

☆ウルブズvsニックス

ウルブズ(MIN) : 99(7-24)4連敗。。。。
vs
ニックス(NYK) : 103(15-16)

ニックス勝利!

1Q2Q3Q4Q
MIN1832212899
NYK30312616103

ニックス勝利!スタメン全員を含む6人が二桁得点、さらにはランドルとバレットがFG50%で20点越え。これだけバランスよく攻撃が決まると最高。ほぼニックスペースで最後ウルブズに追いつかれましたが、しっかりと勝ち切ったのは大事!3Pの試投が18本だけで進むっていうのも珍しい展開ですね。

一方のウルブズは3Pが試投35本!しかもそれで45%の確率と、逆に2点のシュートの確率の悪さが目立ちましたね。ペイントも34:44とやられてしまったのも痛かった。タウンズをセーブしているのもかなり大きいですよね。

試合のスタッツ
Minnesota Timberwolves at New York Knicks Box Score, February 21, 2021 | Basketball-Reference.com
Box Score - Minnesota Timberwolves (99) vs. New York Knicks (103) - February 21, 2021

☆ナゲッツvsホークス

ナゲッツ(DEN) : 115(16-14)
vs
ホークス(ATL) : 123(13-17)

ホークス勝利!

1Q2Q3Q4Q
DEN33232039115
ATL27372930123

さすがのヤングでしたね!接戦だった前半から、3Qに入ったところでアクセルをかけ、このQではディープ3を含む4/5の3Pをヒットし14得点、ここでナゲッツを突き放し勝利を手繰り寄せました。試合全体を通しても35得点15アシスト6リバウンド!最高の活躍です。カペラの10リバウンド、コリンズの11リバウンドでインサイドを制することができたのも大きかった!

今日はマレーが先日の50点に続く活躍で、30得点4リバウンド4アシスト2スティール!ヨキッチは15得点10リバウンド6アシスト3スティールの活躍でしたが、FGが5/15で33%。ヨキッチのFGが50%以下だったのが今日を入れて6試合で、成績は2勝4敗。さらに今日みたいに3割台の時は2試合あり2敗。もちろん今シーズンのナゲッツは苦戦しているゲームが多いので、ヨキッチだけのせいではありませんが、大黒柱の活躍に期待しないとですね。

ペイントのポイントが40:56、リバウンドも33:44と大きく離され、ホークスの得意な3Pは35%となっているだけに、インサイドを支配されてしまい痛い敗北でしたね。

試合のスタッツ
Denver Nuggets at Atlanta Hawks Box Score, February 21, 2021 | Basketball-Reference.com
Box Score - Denver Nuggets (115) vs. Atlanta Hawks (123) - February 21, 2021

☆ネッツvsクリッパーズ

ネッツ(BKN) : 112(20-12)6連勝!!!!!!
vs
クリッパーズ(LAC) : 108(22-10)

ネッツ勝利!

1Q2Q3Q4Q
BKN28303123112
LAC30212829108

ネッツにとって、LA2連戦であり、ウエストへのロードトリップ5連戦の最終戦。前回のネッツvsクリッパーズも激しいやり合いでしたが、この試合も最後まで接戦のよそ見できない試合でした!

前回と違ったのは、ゲームが始まった直後からハーデン、アービング、レナードのオールスター3人がアクセル全開!なんと1Qの得点はこんなことに!
●ネッツ:ハーデン13得点、アービング12得点、その他のメンバー3得点
●クリッパーズ:レナード14得点、その他のメンバー16得点

ただ、ネッツとしてはハーデンがボールを持ってさばかず、自分でシュートまでいくシーンが多かったので、みてる方としてはすごく心配でした!ボール回らないパターンは危険だ!的な。

試合が進んでみると、それはただの心配だったことがわかりましたw 2Qからは積極的にボールを回していくハーデン。しかも、ブラウンの位置取りがすごくよかった!それと、ジョーダンのアリウープ!今思えば、1Qにハーデンとアービングが1人で突破して得点していくことが布石になり、2Qのゴール下でのパスに繋がったみたいですね!

まさにこの2Qが勝負の分かれ目で前半終了時にはネッツが7点差をつけてリード、3Qではそのリードを10点に伸ばし、最後にクリッパーズに同点に追いつかれた時はクリッパーズさすがでしたが、辛くも勝利。ジョーダンのプットバックとハーデンのテイクチャージが値千金でした!

試合終わってみるとこんな成績

●ネッツ112得点:ハーデン37得点、アービング28得点、2人で58%
●クリッパーズ108得点:レナード29得点、PG34得点、2人で58%
さすがとしか言いようがない。なんで最後PG出てなかったんだろう。すげー気になりました。

ネッツはこれでロードトリップ5連勝!しかも上位陣を撃破!!!

ネッツにきてからすでに2回目の週間MVP!そりゃそうよ。

試合のスタッツ
Brooklyn Nets at Los Angeles Clippers Box Score, February 21, 2021 | Basketball-Reference.com
Box Score - Brooklyn Nets (112) vs. Los Angeles Clippers (108) - February 21, 2021

☆キングスvsバックス

キングス(SAC) : 115(12-18)7連敗。。。。。。。
vs
バックス(MIL) : 128(18-13)2連勝!!

バックス勝利!

1Q2Q3Q4Q
SAC25312633115
MIL28422929128

最近ちょっと苦戦していたバックスですが今日は圧勝!ヤニスは今日も38得点18リバウンド4アシストとものすごいスタッツ!さらに今日はヤニスだけでなくミドルトンも32得点8リバウンド6アシスト4スティール2ブロックと爆発!この2人がここまで活躍したらまず間違いないですね。このほかロペスとポーティスが8リバウンドずつと、チームのリバウンドは56本!43本のキングスを圧倒しました。

一方のキングスはハリバートンがチームハイの23得点!FG10/16と苦戦するスタメン陣を尻目に、ベンチからしっかり活躍。まじで大きな存在。23得点5リバウンド8アシスト2スティール1ブロック1TOV!スタメンは全員が二桁得点するものの、ホームズ以外全員がFG42%以下。勝てるわけないですね。

試合のスタッツ
Sacramento Kings at Milwaukee Bucks Box Score, February 21, 2021 | Basketball-Reference.com
Box Score - Sacramento Kings (115) vs. Milwaukee Bucks (128) - February 21, 2021

本日終了時の順位

<イースト>
01. シクサーズ(20-11)
02. ネッツ(20-12)
03. バックス(18-13)
04. ペイサーズ(15-14)
05. ラプターズ(16-15)
06. セルティックス(15-15)
07. ニックス(15-16)
08. ホーネッツ(14-15)
09. ブルズ(13-16)
10. ヒート(13-17)
10. ホークス(13-17)
12. マジック(13-18)
13. ウィザーズ(10-17)
14. キャバリアーズ(10-21)
15. ピストンズ(8-22)

<ウエスト>
01. ジャズ(24-6)
02. レイカーズ(22-9)
03. クリッパーズ(22-10)
04. サンズ(19-10)
05. ブレイザーズ(18-11)
06. スパーズ(16-11)
07. ナゲッツ(16-14)
08. ウォリアーズ(16-15)
09. グリズリーズ(13-13)
10. マーベリックス(13-15)
11. ペリカンズ(13-17)
12. サンダー(12-18)
12. キングス(12-18)
13. ロケッツ(11-17)
15. ウルブズ(7-24)


本日のTOP10

明日の対戦カードはこちら!!!

●スパーズvsペイサーズ→安全衛生プロトコルにて延期

●ブルズvsロケッツ
●ヒートvsサンダー
●ブレイザーズvsサンズ
●ホーネッツvsジャズ
●ウィザーズvsレイカーズ


ぽんど

昨日の試合結果はこちらにまとめてます!

【NBA解説】2/21.2021 〜ファイナルの再戦どっち勝つ? / 試合結果まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました