【NBA選手紹介】ケビン・デュラント 〜アンセルフィッシュなスーパースター

NBA

Embed from Getty Images

勝手な偏見ではありますが、

ぽんど
ぽんど

スーパースターってセルフィッシュなイメージありません?

もちろん、「なんでも俺に渡せ!!!」というネガティブな感じではなく、「俺が決めてやる!」というエースとしての役割の、”セルフィッシュ”ってことです。

もちろんNBAは世界で450人しか足を踏み入れることができない場。

そりゃあみんな自分の実力に自信持って、ある程度「我」を通してきます。そこで勝ち取った成績や信頼でスーパースターの階段を登っていくわけです。

だから、セルフィッシュなのは、ある意味当たり前なんですよね。

チームの勝ちが自分の活躍で得られるなら「自分がいく」。僕ですら当たり前の感覚だと思います。

しかし!!!!

現在のNBAで1,2を争う実力を持ちながら”アンセルフィッシュ”なスーパースターがいます!

そんなスーパースターを紹介します!

ケビン・デュラントとは

Kevin Durant Day | Lt. Governor Rutherford Attends Kevin Dur… | Flickr

本名:ケビン・ウェイン・デュラント

ニックネーム:KD、デュランチュラ

背番号:#7、#35

生年月日:1988年9月29日

身長・体重:208cm / 108kg

出身:ワシントンD.C.

出身校:テキサス大

ドラフト:
2007年1巡目2位(ソニックス ※現サンダー)

チーム歴:
ソニックス・サンダー(2007〜2016)
ウォリアーズ(2016〜2019)
ネッツ(2019〜)

受賞歴:
NBA制覇2回
シーズンMVP1回
ファイナルMVP2回
オールスター出場10回
オールスターMVP2回
オールNBA9回
得点王4回
新人王
オリンピック金メダル2個
ワールドカップ金メダル1個

アンセルフィッシュなスーパースター

Embed from Getty Images

これだけの記録を残しながら、アンセルフィッシュ!?疑いたくなりますよね。

ただ!

このことについて、元チームメイトのドレイモンド・グリーンが過去にこんなことを話していました!

“I didn’t know he was as unselfish as he is,” Green said. “I thought he was an unselfish guy and then getting to play with him, he’s ten-times even more unselfish than I expected.

彼がアンセルフィッシュだって知らなかった。
アンセルフィッシュだとは思ってたけど、一緒にプレイしたら想像したより10倍アンセルフィッシュだった。

https://www.express.co.uk/sport/othersport/828762/Draymond-Green-Kevin-Durant-Golden-State-Warriors-Steph-Curry-NBA

10倍!?

元々の話をすると。。。

2015-16シーズン
プレイオフに入ってから、デュラント率いるサンダーは快進撃でカンファレンスファイナルまで進んでいました(NBAのベスト4)。そしてファイナル(決勝)への切符をかけて当たった相手は、ドレイモンド・グリーンの所属するウォリアーズ。

サンダーは先に3勝と王手をかけたものの(プレイオフは7戦で4勝先にした方が勝ち上がるシステう)、そこから連敗を喫し、ウォリアーズに3勝4敗と敗れてしまいました。

ただ、そのウォリアーズはファイナルでキャブスに敗北。優勝を逃しました。

その優勝を逃した日。グリーンはデュラントに電話をかけて「お前が必要だ」と声をかけたと言われています。デュラントは契約最終年でした。初優勝を目指している中でガッカリは大きかったんだと思います。その結果デュラントは翌年ウォリアーズに加入。

そこから2連覇を達成するわけです!

と話が長くなりましたが、グリーンが誘ったウォリアーズというチームは、チーム自体がアンセルフィッシュなチームなんです。そこに誘ったということは、上のコメントにもありますが、ある程度アンセルフィッシュだということは想像していたはずなんです!

そんな想像を10倍超えた!w


そう。彼はアンセルフィッシュなんです。


ちなみに、その他にもアンセルフィッシュエピソードがあります!

シュートが入ってもあんまり喜ばない。ビッグプレイでも淡々とプレイ。

上の写真見てください!ガッツポーズちっさ!w

たまに吠えます!

身長206cmと公表していた!

他の選手と並んだ時に、あれ?もっと高くね?となり、訂正w

210cmと発表していた時もありますが、今は208cm!

✅ お給料が安い!(安かった!)

2019−20シーズン、彼は新しい契約を結んだわけですが、その金額は4年で1億6千万ドル!なんだかもうすでに分からない数字。。。

それでも、2019-20シーズンの給料ランキングでは5位!

デュラントはNBAで1,2を争うスーパースターですよ!?確かに契約は年が経つにつれて金額が上がっていくので、4年のうち1年目はまだ安い方ではありますが!

もっと「ん?」となったのは、2018-19シーズン

2016−17シーズン、2017−18シーズンとチームは優勝。デュラント自身もファイナルMVP2回と大活躍!ついにNo.1の称号を獲ったのでは!?という2年間でした。

そして、2017-18シーズン終了後に契約した新たな契約が2年で6,150万ドル!すごいんだけど、すごいんだけど、2018-19シーズンの年俸はリーグで11位!

No.1と呼ばれてもおかしくない選手がここまでの契約。この背景にはチームにお金を残すという理由もありました。

アンセルフィッシュ!

✅ 身体をはってチームのために!

2018-19シーズン、チームの3連覇がかかっていましたが、カンファレンスファイナルで負傷したデュラントは、ファイナルに出れていませんでした。

ただ、その中でウォリアーズはあっという間に追い込まれ1勝3敗。

もうあとがない状況で、デュラントは怪我を押して出場することを決めました!満身創痍の中、最高のパフォーマンスをするデュラントですが、無理がたたったのか試合の途中でアキレス腱を断裂するという重傷を追ってしまったのです。。。

おそらく、プレイするもの大変な状況。でもチームが負けている時にそれでも出場して、チームを鼓舞した。最終的にはこの怪我で翌シーズンを全休することになりましたが、それでもチームのために出場したデュラント。あの時は熱いものがこみ上げました!

背番号の意味

2019−20シーズンに背番号を#7に変更するまで、デュラントは大学時代から#35をつけていました。

この#35という番号には大きな意味が込められていて、それは恩師チャッキーからきています。

デュラントが8歳のころ出会い、バスケットを教えてくれたチャッキーという人がいました。彼はデュラントの才能を認めて指導し、デュラントはデュラントでそれを受け止め、国内に名を轟かせる選手になっていました。

そんな中、チャッキーは銃で撃たれて突然亡くなってしまいました。チャッキーが35歳の時でした。

本当にチャッキーを慕っていたデュラントは、その35歳を背中に背負っていくことを決めました。

“It’s all about doing it for somebody I love. It’s not about what’s the better number and what looks better on me. It’s all about him.”

僕が愛している誰かのためにできることはこれしかない。これは僕をより良く見せるための番号ではない。全て彼のためだ。

引用:https://clutchpoints.com/kevin-durants-no-35-just-jersey-number/

それ以来、ずっと#35を背負って戦っていたんですね。

※こちらの記事を参考にしています!

The Incredibly Touching, Tragic Story Behind Kevin Durant's Choice To Wear The No. 35 Jersey
Kevin Durant's reason for wearing No. 35 goes back to his mentor from when he was growing up.



ちなみに、最初に書いたように2019-20シーズンから、背番号を#7しました!

こんなに大きな想いがのっている背番号を変える!?びっくりしました。

どうやらこんな理由があるようです!!!

聖書で、神様が地球を作ったあとお休みをとった7日目。つまり最終章ということ。この#7がデュラントの最終章ということを意識しているとか。

デュラントは元々、あまり長くキャリアを過ごさず早い段階で引退したいとコメントしていることもありました。

今の契約4年終わったら、その時は35歳になる年。

これが本当に最終章になるか!?気になります。

あとがき

デュラントの現役生活が最終章に入っているのなら、これからの3年間はどんなプレイを見せてくれるんでしょうか!?

これまでのプレイを見ると、楽しみでしょうがないですね!

いやー!どうなる。楽しみです。


この動画はデュラントのウォリアーズmix。アキレス腱断裂の時の辛いシーンから始まりますが、デュラントがどれほどのことをウォリアーズで成し遂げてきたか、よくわかります!ぜひ!


他の選手のことはこちらにまとめています!よかったらぜひ。

ぽんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました