【保存版】アカペラの楽譜の購入可能サイト4選!

アカペラ
Image by lovepetforever from Pixabay
ぽんど
ぽんど

アカペラやりたいんだけど、楽譜ってどこで手に入ればいいんだろう?

アカペラをやりたいと思ってまず困る事!

それが楽譜ですよね。

アカペラをやりたくても、アカペラの楽譜を作るのは簡単じゃないですよね。アカペラをやるのが初めてだったら、なおさら不可能に近い。

でも大丈夫です!

アカペラの楽譜は買うことができます!

購入できるサイトは多くないので、ここで紹介しているサイトをチェックすれば、ほぼ網羅可能です。是非お気に入りの曲を探して見てください。

今や個人で楽譜をアレンジして、販売することもできるとは。最高です。

ちなみに僕は販売していませんので、平等にサイトを紹介しております!ご安心ください。

合わせて、最後に楽譜を購入することのメリットと、知っておきたいデメリットもまとめてますので、参考にしてみてくださいね!

アカペラ本舗

アカペラ本舗
Just another WordPress site

アカペラ楽譜の老舗!僕も何度もお世話になっています。

アカペラ本舗のいいところは、アカペラ用楽譜としての質の高さです!曲によって様々なアレンジがされており、原曲に近いものや原曲の雰囲気からガラッと変えているものなど。

とにかく、どの曲にしてもアカペラを知っている方が作っている楽譜!というのが一番のおすすめポイントです。アカペラならではのアレンジや音選びなど、「こうきたか!」と思わせてくれるサイトです。

どの楽譜も同じ方がアレンジしていることもあり質が一定です!

取扱曲も多く、J-POPから洋楽、メドレーまでアカペラ楽譜だけで302曲(20年6月22日現在)の取扱があり、お気に入りの曲も見つかるはず!

さらに、練習用の音源がついていたり、音源を視聴できたりと、至れり尽くせりのサービス。

早速購入して練習してみてください!

Piascore

Piascore 楽譜ストア
楽譜を1曲から購入!タブレットとの共有も簡単!

いろんな方の楽譜が集まっているまとめサイトのようなサイト。個人で制作した楽譜も販売しています。その分、面白い楽譜も多い!

曲の種類は多く、発声練習用の楽譜も合わせて256曲(20年6月22日現在)が販売されいています。

個人制作の楽譜ということもあり、新しい曲だったり、よく聴く定番の曲もたくさんあり、今後さらに要チェックです!

アレンジャーによって音源があるものとないものがありますが、「まーびろ」さんが作成している楽譜には、歌っている音源の動画があり、よりリアルに近いイメージを持つことが可能です!

ピアノの音とかでも分かるんですが「歌ってみるとイメージと違う!」ということもなくはないので、とても参考になります。

いろいろな方の楽譜が販売されていることもあり、質も価格もバラバラなので、初心者の方はそこだけ注意してくださいね!

@ELISE

楽譜@ELISE(アットエリーゼ)| 楽譜のダウンロードとコンビニ印刷
有名出版社の楽譜が140,000件以上!新曲から絶版楽譜まで、1曲110円からダウンロードで購入できます。会員登録は不要、自宅でのプリントやコンビニ印刷も簡単!@ELISE(アットエリーゼ)は日本最大級の楽譜ダウンロード配信サイトです。

いろいろな楽譜を一気に検索できるサイト!

アカペラ用楽譜の掲載数は253曲(20年6月22日現在)。どちらかというと少し古めの曲を多く取り扱っており、最新の曲はあまりないです。

ただ、きちんとした(Piascoreがきちんとしていないという訳ではいです!)楽譜配信サイトを掲載しているので、価格や質が安定しており、購入しやすいのが特徴です。

ちなみに、楽譜提供元が「ウィンズスコア」となっている楽譜は、人の声で歌っている音源を聴くことができます!こちらも、すごく参考になりますね!

King Score

King Score
アカペラ楽譜の販売サイトです。ジャンルや構成/人数から検索することが可能。また、必要に応じてキーの変更や、新規アレンジも承っております。

「アカペラしやすい環境づくり」を掲げ活動するアカペラ団体King of Tiny Roomが運営するアカペラ専門の楽譜サイト。

こちらもいろんな方の楽譜が集まっているサイトですね。Piascoreと同じで、質や価格に差があります。

比較的新しい楽譜が揃っていますが、ハモネプにでた楽譜や、Youtubeで有名なとおるすさんの楽譜も販売されています!憧れのあの楽譜で歌えるというは、他にはない特徴ですね!

さらに、歌っている動画が多いのも特徴です!かなり初心者に優しい!

楽譜はいろいろと見てみると、こちらも三者三様のアレンジ構成で楽しいので、自分の好きな楽譜、アレンジを探してみてください!

楽譜購入のメリットとデメリット

いかがでしたでしょうか。僕が現役の時代より、かなり多くの楽譜がありますし、今は個人でアレンジして販売できるんですね!最高です。

という訳で、最後に楽譜購入のメリットとデメリットをまとめます。

簡単に手に入る一方で、注意して置く必要がありますので、購入前に是非読んでみてくださいね。

購入のメリット

購入のメリットを挙げてみました!

① 手軽

やはりこれが一番のメリットですね!楽譜を作るのは楽しい一方、音楽の知識などが最低限必要になりますので、なかなか誰でもできる訳ではありません。

その点、楽譜の購入は誰でも、いつでもできますので、特に初心者の方や、時間のない社会人におすすめです!

② 質がしっかりしている

販売しているものなので、質がしっかりしているものがほとんどです。個人でアレンジすることももちろんできますが、しっかりとした音楽知識がないと、チープな楽譜になりがちです。

それでももちろん、オリジナルということに価値があるんですが、しっかりとした質を求める方はまずは購入がおすすめ。そこから学ぶことも多いです。本当に勉強になる。

③ 練習がしやすい

練習がしやすいのが、購入の特徴のひとつです。全部のサイトではありませんが、多くの楽譜が、練習用の音源と合わせて販売していることが多いです。

各パートごとの音源があるので、楽譜が読めなかったり、鍵盤がわからない方も大丈夫!音で覚えることができます。全体で合わせた物が動画で上がってたりするので、全体のイメージ共有も簡単です!

購入のデメリット

① それぞれの声に合わない可能性がある

つまり、高すぎたり低すぎたりして、楽譜の音を出せない可能性があります。これが最大のデメリットですね。歌をうたう時は、自分の音域でうたうことが重要ですが、販売している楽譜は個人に合わせて作られてる訳でないので、ここが苦労することがあります。

一部の販売楽譜には、各パートがどこからどこまでの音を使いますよ。というのが記載してありますが、これは稀。

実際に買ってみたら、これ音でない!かろうじて出るけど苦しい!なんてことも多々あります。その場合、オクターブを下げたり音を変える訳ですが、それだけで楽譜の雰囲気が壊れたりもあるんですよね。

とはいえ男性・女性のパートはほとんどが書いてあるので、まずそれを必ず合わせて選べば、とりあえずなんとかなります!

ライブでかぶる

あまりないことではありますが、ライブをし始めると、あれ!?同じ楽譜だな。なんてことがあります。

さすがに曲と楽譜が両方とも一緒になることは、本当に稀ですが、他のグループや観客の方が「あの楽譜だ!」と思う可能性は大ですね。

とはいえ大事なのは楽譜じゃなくて、そのグループの歌ですので、そこまで気にしなくていいことです。

③ 見本に引っ張られてしまう

見本のアカペラがある楽譜に限ったことですが、見本があるからこそ、その見本を真似てしまうことがあります。

もちろん初心者だったら問題ありません。むしろ真似から入りましょう!

ただ、そうでないグループは見本の動画に引っ張られて、自分たちのグループらしさが失われてしまう可能性があります。少し参考にしたら、できる限り意識しないように歌いましょう!

アカペラは、そのグループの個性がもっとも魅力の音楽です。逆にいうと、同じ楽譜でもその個性が出れば、楽譜が同じなのは些細な問題ですね。

あとがき

いかがでしたでしょうか!?

もちろん自分たちでアレンジするのは、それはそれで最高なことですが、どうしても時間や知識が必要になります。

楽譜ができてないから練習できない!ということになるくらいなら、まずは販売している楽譜でとにかく始めるのがいいと思います。

販売している楽譜の質、凄すぎます!早速僕も買って、練習します!!!

よかったら、合わせて読んでみてください♪



アカペラ楽しんでいきましょう!

ではでは

ぽんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました