【NBA選手紹介】八村 塁〜日本人初だらけ!日本にNBAを近づけた男

NBA

Embed from Getty Images

2019年NBAドラフト

日本人にとって待ちに待った瞬間がやってきました!

with 9th Pick 2019 NBA Draft Washington Wizards Select Rui Hachimura!

https://youtu.be/WpMypfWn1Bo

NBAのドラフトで日本人初!1巡目に八村塁がワシントン・ウィザーズから指名されました!

今回はそんな偉業を達成したNBA選手 八村 塁を紹介します!

八村 塁とは

本名:八村 塁

背番号:#8(ゴンザガ大時代は#21)

生年月日:1998年2月8日

身長・体重:203cm / 104kg

出身地:富山県富山市

出身校:ゴンザガ大

ポジション:PF

ドラフト:2019年1巡目9位(ウィザーズ)

所属歴:ウィザーズ(2019〜)

記録(大学時代):
オールアメリカン1st1チーム(2019)
West Coast Conference MVP(2019)
オール West Coast Conference 1stチーム(2018、2019)
ジュリアス・アービング賞(2019)

ジュリアス・アービング賞というのは、大学リーグでのポジション別最優秀賞のひとつ。つまり八村選手は、このポジション(大学ではSF)で大学界1番の評価をもらったということになります!

ちなみに高校時代は日本で4回全国制覇を経験。その上で、大学でさらにガッツリ結果を残して乗りこんだNBA!期待です。

NBAドラフトにて1巡目に選ばられたことは日本人初!過去に、田臥勇太選手や渡邊雄太選手がNBAのコートに立っていますが、二人ともドラフト外でした。

ドラフト指名で言うと、過去に岡山恭崇さんが指名された事がありますが、8巡目全体171位という順位でした(この時、指名は承諾せず)。

八村選手所属のワシントン・ウィザーズとは

2013 Washington Wizards 2 | Michael Tipton | Flickr

アメリカの首都であるワシントンD.C.に本拠地を置くチーム。

”ウィザーズ”というのは、賢くて不思議なパワーを持つ魔術師から命名された名前で、チームのロゴはバスケットボールをメインに、ワシントンD.C.の象徴であるワシントン記念塔があしらわれています。

過去のNBA制覇は1回しかも1977-78シーズンということで、長い間優勝からは遠ざかっています。

現在看板選手として、ジョン・ウォール、ブラッドリー・ビールというスーパースターがおり、また八村選手をはじめ、期待できる若手が多いので、今後の飛躍が期待されます!

背番号#8の由来

背番号8番は、八村の”はち”から付けられました。

名前と日本語を掛け合わせた番号なんて、本当にチームも粋ですね。

ちなみに、名前からとったということもありますが、実は日本での高校時代、明成高校でも付けていた番号が「8」でした。

本人にとっては一気に躍動し、高校バスケを制覇した番号。こっちへの思い入れもあるんですね。

日本代表では「23」を付けていましたが、これを機に直談判をして代表でも「8」を背負うことになりました。

ちなみに大学でつけていた「21」はウィザーズではモリッツ・ヴァグナーという選手が既につけています。

NBA選手であることの何がすごいの?

NBAは世界最高峰のバスケットボールリーグだと言われています。

そこで挑戦する八村選手!それがいかに凄いことか簡単に説明すると、

NBA選手と名乗れる人は世界で450人しかいません!
※30チーム x 15人

ちなみに日本でバスケットボールの競技者として登録されている人数は約60万人。
参考:http://www.japanbasketball.jp/jba/data/enrollment/

日本だけでもバスケをやってる人が60万人いるんです(もちろん登録してない人もたくさんいるので、総人口はもっと増えます)。

こちらの記事によると世界のバスケットボール人口は少なくとも4億5,000万人とのこと!
参考:https://www.pledgesports.org/2017/06/top-10-most-popular-sports-in-the-world-by-participation/

つまりは、4億5,000万人から選ばれた450人なんです!

そのひとりが八村選手なんです!

NBA1年目の大記録

Rui Hachimura | www.allproreels.com — Shot for Washington T… | Flickr

✅ 開幕スタメンとしてコートでプレイ

もちろん、過去に日本人がスタメンでプレイしたことも無ければ、それが開幕戦だった!なんてこともありません!

八村選手は開幕でスタメンとしてプレイしたんです!本当に歴史が動きましたね。


開幕戦からダブルダブルを記録

スタッツのうち主要5部門(得点、リバウンド、アシスト、スティール、ブロック)の中から2つ2桁の記録を残すことをダブルダブルと言って、チームへの貢献の指標にもなっています。

そのダブルダブルを開幕戦で達成!(14得点10リバウンド)

得点だけでなく、リバウンドをしっかりとっているところから、守備でも活躍できている証拠で、攻守でチームに貢献しました!


若手のオールスターに選出

毎年2月に開催されるNBAのオールスターゲーム。

出場できる選手はファンからの投票で選ばれるわけですが、そのオールスターとは別に、1年目と2年目の選手から選ばれたオールスターというものもあるんです。

それがNBA Rising Stars!

その23人に選ばれました!

ちなみに、ドラフトで指名される選手が1年で60名。つまり2年で120名います。さらにドラフト外で入団する選手もいますので、それだけの中から23人に選ばれている。

NBAの選手の中でも23人に選ばれる八村選手!凄いです。


NBAのコート上で日本人対決が実現!

おそらく、全てのバスケットに関わる日本人がしびれた瞬間!

八村選手だけでなく渡邊選手も本当にすごい。

2019年12月15日日NBAのコートで日本人が対決しました!歴史が動いた!


✅ 開幕1年目から平均2桁得点以上を記録!

コロナの影響でNBAは中断してしまいましたが、そこまでの記録を見ると、

41試合出場(全てスタメン)
13.4得点
6リバウンド
1.7アシスト

これだけの成績を残しています!

ちなみに、全試合スタメンで出ている事がまずすごい。

そして平均して2桁の得点。これも本当にすごい事です!NBAでは平均して2桁の得点が取れれば、頼れる戦力のひとりとして扱われます!

コート外での活躍

八村選手の規格外の活躍は、コート外にも及んでいますので、紹介します!

日本でNBAの露出が増えた!

いろいろなニュースで八村選手の活躍が取り上げられていますが、それと合わせて、NBA自体の特集やニュースが取り上げられるようになりましたね。

八村選手の影響がすごく大きなものである証拠です!


スポンサー契約がすごい!

CMとかでも八村選手を見ることって多くないですか?調べてみると、これだけのスポンサー契約をしていました!

  • ジョーダンブランド(日本人初!)
  • ソフトバンク
  • 日清
  • カシオ
  • NEC
  • 2K Sports
  • 三井住友銀行
  • マキタ

特に、日本人初としてジョーダンブランドとの契約は本当にすごいことですね。多くのスーパースターが契約しているジョーダンブランド。八村選手もスターの階段を一歩ずつ登り始めています!

あとがき

世界に対して、これだけ快進撃を続けている八村選手!

とはいえ、まだまだスタートしたばかり。厳しいNBAの世界ではありますが、さらに活躍してくれることを、めちゃくちゃ期待しています!

これからもずっと応援します!

NBAの選手紹介はこちらにまとめたりますのでよかったら是非ご覧ください!

ぽんど

コメント

タイトルとURLをコピーしました