【NBAまとめ】2021年1月8日 〜2016ファイナルのデジャブ!?急遽欠場のカイリー!欧州両エースのやり合い!すでに3回目のあのカード!

NBA

日本時間2021年1月8日の試合結果をまとめております。

あの2016年ファイナルの伝説シーン再び!
急遽「個人的理由」で欠場のカイリー!
シクサーズ戦だよ!?
OTまでも連れ込む欧州の両エース!
スパーズは8試合で3回目のレイカーズ戦
内外内大内の大活躍リラード!
今日も超絶だらけでした!

結果を知りたくない方は見ないでね。

本日の試合はこちらのカードです。

昨日までの順位

<イースト>

01. シクサーズ(7-1)
02. マジック(6-2)
02. ペイサーズ(6-2)
04. セルティックス(6-3)
05. ニックス(5-3)
05. バックス(5-3)
07. キャバリアーズ(4-4)
07. ホークス(4-4)
07. ネッツ(4-4)
10. ブルズ(4-5)
11. ヒート(3-4)
12. ホーネッツ(3-5)
12. ウィザーズ(2-6)
14. ラプターズ(1-6)
15. ピストンズ(1-7)


<ウエスト>

01. レイカーズ(6-2)
01. サンズ(6-2)
03. クリッパーズ(6-3)
04. ペリカンズ(4-4)
04. ウォリアーズ(4-4)
04. キングス(4-4)
04. ジャズ(4-4)
08 ブレイザーズ(3-4)
08. ナゲッツ(3-4)
08. マーベリックス(3-4)
08. スパーズ(3-4)
08. サンダー(3-4)
13. ロケッツ(2-4)
14. ウルブズ(2-5)
14. グリズリーズ(2-5)

シクサーズvsネッツ

シクサーズ(PHI) : 109(7-2)
vs
ネッツ(BKN) : 122(5-4)

ネッツ勝利!(2連勝)
ハイライト:https://youtu.be/vroC1rah-3Y

____ |1Q | 2Q | 3Q | 4Q |
——+—-+—–+—–+—–+—-
PHI | 26 | 25 | 33 | 25 | 109
BKN| 28 | 37 | 29 | 28 | 122

試合前に「個人的な理由」で出場しない
ことがわかったカイリー!その中で、
よくまあ首位のシクサーズに勝ったよね。
スタートを務めたルバートが22得点
そしてアシストが10!さらに、今日は
ベンチスタートのハリスが28得点!
3Pも6本ヒット!その他のメンバーも
全体で踏ん張り勝利!

一方のシクサーズも、前試合調子の良かった
ミルトンをスタメンにしてスタート。
全体的に悪くなかったけど、敗北。
しいて言えば、シモンズが調子悪かった?

シクサーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

●ダニー・グリーン
(32-9-5-1-1-1 : -18)
●トバイアス・ハリス
(32-17-8-4-1-0 : -19)
ジョエル・エンビード
(29-20-12-3-0-1 : -16)
●シェイク・ミルトン
(36-24-1-7-0-0 : -14)
●ベン・シモンズ
(31-11-4-2-2-1 : -22)

○タイリース・マクシー
(20-16-3-2-1-1 : +7)
○マティース・サイブル
(17-0-1-2-1-1 : +3)
○ドワイト・ハワード
(15-9-12-1-0-0 : +7)
○アイザイア・ジョー
(7-0-0-0-0-1 : 0)
○ビンセント・プアイェイ
(1-0-0-0-0-0 : 0)
○ダコタ・マサイアス
(12-3-1-1-0-0 : +7)

ネッツスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

トーリアン・プリンス
(21-13-1-1-2-1 : +18)
ジェフ・グリーン
(28-14-1-1-1-1 : +14)
●ジャレット・アレン
(28-15-11-3-0-1 : +16)
●ブルース・ブラウン
(17-5-1-0-1-0 : +5)
●キャリス・ルバート
(32-22-7-10-2-0 : +23)

○ティモテイ・ルワウ・キャバロ
(26-9-4-1-3-1 : -1)
○ジョー・ハリス
(30-28-6-4-1-0 : +10)
○ランドリー・シャメット
(19-6-3-0-0-0 : -7)
○ディアンドレ・ジョーダン
(18-2-11-4-0-2 : -3)
○クリス・チオーザ
(15-8-3-6-1-1 : -10)
○ロディオンス・クルーツ
(1-0-0-0-0-0 : 0)

キャバリアーズvsグリズリーズ

キャバリアーズ(CLE) : 94(5-4)
vs
グリズリーズ(MEM) : 90(2-6)

キャバリアーズ勝利!
→グリズリーズ2連敗
ハイライト:https://youtu.be/PpmQ6C3kH6Q

____ |1Q | 2Q | 3Q | 4Q |
——-+—-+—–+—–+—–+—-
CLE | 19 | 27 | 21 | 27 | 94
MEM| 24 | 21 | 24 | 21 | 90

セクストン、ガーランド、モラント、
JJJなどの主力がいない中での対決。

試合は12回のリードチェンジがある
接戦の展開。最後までどっちか
分からない中で、コーチチャレンジにも
なった、本日スタメンのルーキー
アイザック・オコロの超絶チェイスダウンで
ゲームセット!まさに起死回生のブロック
でした!まさにあの時の!レブロンのブロック!
まさにあれでしたよ1!!!!!!
両チームとも地味に良かった。


キャバリアーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

ジェディ・オスマン
(38-16-5-7-1-0 : +7)
●ラリー・ナンスJr.
(34-18-3-4-3-0 : +13)
●アンドレ・ドラモンド
(37-22-15-3-2-0 : 0)
アイザック・オコロ
(39-8-2-2-1-2 : -2)
デイミアン・ドットソン
(35-9-2-6-3-0 : +10)

○ラマー・スティーブンス
(20-2-3-0-0-0 : -18)
○ディーン・ウェイド
(12-6-1-2-0-0 : -1)
○ジャベール・マギー
(17-13-6-0-1-1 : +10)
○ソン・メイカー
(5-0-0-0-0-0 : 0)

グリズリーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

●カイル・アンダーソン
(28-10-8-2-0-1 : +7)
●ブランドン・クラーク
(30-14-9-2-0-0 : -1)
●ヨナス・バランチュナス
(27-17-10-3-1-2 : -5)
●ディロン・ブルックス
(28-11-1-4-2-1 : -14)
●タイアス・ジョーンズ
(26-9-4-6-0-0 : -11)

○コーギー・ジェン
(18-7-4-3-2-0 : -3)
○デズモンド・ベイン
(23-6-6-2-1-0 : +3)
○グレイソン・アレン
(16-6-2-0-3-0 : -5)
○ゼイビア・ティルマン
(21-8-3-3-3-1 : +7)
○ディアンソニー・メルトン
(21-8-3-3-3-1 : +7)

マーベリックスvsナゲッツ

マーベリックス(DAL) : 124(4-4)
vs
ナゲッツ(DEN) : 117(3-5)

マーベリックス勝利!(2連勝)
ハイライト:https://youtu.be/2SOFppq0Y3E

____ |1Q | 2Q | 3Q | 4Q | OT |
——+—-+—–+—–+—–+—-
DAL | 22 | 21 | 33 | 33 | 15 | 124
DEN | 28 | 24 | 26 | 31 | 8 | 117

アツすぎる接戦!!!
ドンチッチとヨキッチともに38得点と
スーパースターの競演が素晴らしかった。

試合は一時12点差が開いて、ナゲッツペース

マブスは3Q終了間際で2点差まで詰め、
4QはこのQだけで9回もリードチェンジが
起きるほど接戦。
残り3秒でクリバーが3Pをヒット!
逆転に成功し、これで終わったかと
思ったら、この人!ジョーカーが、
時間少ない中で的確にFGをヒットしてOT

ものすごい試合でしたがOTでは、
まさかのナゲッツが失速。8点しか取れず
敗北でした。ドンチッチはほぼTDの活躍

マーベリックススタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

●ドリアン・フィニー・スミス
(36-14-8-2-3-2 : -1)
マキシ・クリバー
(36-9-8-3-0-2 : +15)
ウィリー・コーリースタイン
(26-5-9-1-1-1 : +4)
●ジョシュ・リチャードソン
(41-14-1-1-2-0 : +1)
●ルカ・ドンチッチ
(43-38-9-13-4-1 : +14)

○ティム・ハーダウェイJr.
(23-11-3-4-0-1 : +3)
○ボバン・マリヤノビッチ
(16-12-3-0-0-0 : 0)

○ジェイレン・ブランソン
(18-7-2-3-0-0 : +8)
○ジェームズ・ジョンソン
(9-7-0-0-1-0 : -8)
○ジョシュ・グリーン
(2-0-1-0-0-0 : -4)
○ドワイト・パウエル
(10-7-0-0-1-0 : +3)

ナゲッツスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

●ウィル・バートン
(34-8-7-2-1-0 : -10)
●ポール・ミルサップ
(28-5-5-4-1-0 : +5)
●ニコラ・ヨキッチ
(41-38-11-4-2-0 : -6)
●ギャリー・ハリス
(39-15-4-1-0-0 : -15)
●ジャマール・マレー
(46-21-4-9-1-0 : -10)

○モンテ・モリス
(24-11-3-3-1-0 : +3)
○ジャマイケル・グリーン
(18-10-9-0-0-0 : -2)
○PJ・ドジャー
(26-9-3-1-2-0 : -6)
○アイザイア・ハーテンスタイン
(5-0-1-1-0-1 : +6)

スパーズvsレイカーズ

スパーズ(SAS) : 118(4-4)
vs
レイカーズ(LAL) : 109(6-3)

スパーズ勝利!(2連勝)
ハイライト:https://youtu.be/UqNUkkvfgok

____ |1Q | 2Q | 3Q | 4Q |
——+—-+—–+—–+—–+—-
SAS | 34 | 31 | 26 | 27 | 118
LAL | 26 | 30 | 33 | 20 | 109

スパーズがLAアウェイ対決で2連勝!
6人が二桁得点で、特にオルドリッジは
28得点、FG 61%と高確率で決めたのは
大きかった!これで成績をイーブンにしました。

レイカーズはレブロン・ADは相変わらず。
何度も超絶プレーでスパーズに迫ったが、
あと一本だったり、他のメンバーが
続くことができなかった。
ちなみにレブロン・ADで50得点
レブロンのプレイは、いつも以上に
キレていた印象!ただ1人で勝ちには
行かなかったのかな。。。

ちなみに変則的なスケジュールすぎて、
すでにこのカードは3回目w

スパーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

●ケルドン・ジョンソン
(30-5-2-2-1-0 : +9)
●デマー・デローザン
(36-19-4-8-2-1 : +14)
●ラマーカス・オルドリッジ
(31-28-5-3-0-0 : +3)
●ロニー・ウォーカー4世
(26-14-6-2-0-1 : -1)
●デジャンテ・マレー
(31-18-8-2-0-0 : +10)

○パティ・ミルズ
(25-10-2-7-0-0 : +5)
○ルディ・ゲイ
(24-15-6-0-0-0 : +1)
○デビン・ヴァッセル
(14-6-1-2-1-1 : +7)
○ヤコブ・ポートル
(15-3-6-2-0-0 : +9)
○トレイ・ライルズ
(0-0-0-0-0-0 : 0)
○ケイタ・ベッツ・ジョップ
(0-0-0-0-0-0 : 0)
○トリー・ジョーンズ
(0-0-0-0-0-0 : 0)
○ルカ・サマニッチ
(0-0-0-0-0-0 : 0)

レイカーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

●レブロン・ジェームズ
(34-27-6-12-0-0 : -10)
●アンソニー・デイビス
(34-23-10-3-1-3 : -16)
●マルク・ガソル
(13-4-1-0-0-1 : -16)
●カイル・クーズマ
(30-13-10-0-0-0 : -17)
●デニス・シュルーダー
(27-6-4-2-1-0 : -18)

○アレックス・カルーソ
(20-8-3-1-0-0 : +7)
○ウェスリー・マシューズ
(21-3-1-0-0-0 : +8)
○テイレン・ホートン・タッカー
(20-10-4-3-0-0 : +7)
○モントレズ・ハレル
(18-10-6-0-0-0 : -1)
○マーキーフ・モリス
(12-0-3-0-0-0 : +2)
○クイン・クック
(2-5-0-0-0-0 : 3)
○ジャレッド・ダドリー
(2-0-0-0-0-0 : +3)
○アルフォンゾ・マッキニー
(2-0-0-0-0-0 : +3)

ウルブズvsブレイザーズ

ウルブズ(MIN) : 117(2-6)
vs
ブレイザーズ(POR) : 135(4-4)

ブレイザーズ勝利!
→ウルブズ6連敗
ハイライト:https://youtu.be/XooUqXZvdR8

____ |1Q | 2Q | 3Q | 4Q |
——-+—-+—–+—–+—–+—-
MIN | 29 | 27 | 24 | 37 | 117
POR | 28 | 47 | 36 | 24 | 135

ブレイザーズ圧勝でした!
1Qは接戦でしたが、2Q頭から全開の
ブレイザーズ。26対7のランで一気に
突き放すと、このクォーターで47得点!
試合全体でリラードが圧巻の39得点!
外から内から外から大外から、至るところ
からシュートを決める61%のFG
マッカラムも20得点で+-がなんと+33!

一方のウルブズはなかなか厳しい戦いが
続いていますが、ドラ1ルーキーの
エドワーズが初の20得点越えの26得点!
シュートの確率はまだまだですが、
とんでもない身体能力を見せてくれました!
タウンズが離脱してから6連敗。早く
帰ってきてほしい。。。

ウルブズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

●ジャレット・カルバー
(19-7-5-2-0-0 : -14)
●ファンチョ・エルナンゴメス
(21-12-6-0-1-0 : -13)
●エド・デイビス
(13-0-1-0-01 : -3)
●マリーク・ビーズリー
(27-12-4-2-1-0 : -20)
●ディアンジェロ・ラッセル
(28-26-3-3-0-1 : -15)

○ナズ・リード
(16-13-5-1-0-1 : -2)
○リッキー・ルビオ
(28-2-5-10-5-0 : -4)
○アンソニー・エドワーズ
(31-26-4-1-2-0 : -15)
○ジェイク・レイマン
(12-4-0-0-0-1 : -10)
○ジェイデン・マクダニエルズ
(12-3-4-2-0-0 : +13)
○ジャレッド・ヴァンダービルド
(20-10-10-1-2-0 : -13)
○ジェイレン・ノウェル
(7-2-1-1-0-0 : +6)

ブレイザーズスタッツ
(MIN-PTS-RBD-AST-STL-BLK : +/-)

●デリック・ジョーンズJr.
(18-9-3-1-1-0 : +16)
●ロバート・コビントン
(23-3-4-3-1-0 : +16)
●ユスフ・ヌルキッチ
(23-17-7-2-1-0 : +18)
●CJ・マッカラム
(25-20-3-4-0-1 : +33)
●デイミアン・リラード
(28-39-7-7-3-0 : +12)

○ゲイリー・トレントJr.
(27-9-1-0-0-0 : +6)
○カーメロ・アンソニー
(21-9-3-3-1-0 : +13)
○ロドニー・フット
(16-2-1-2-0-1 : -1)
○エネス・カンター
(13-10-7-1-2-2 : +13)
○アンファニー・サイモンズ
(12-8-5-1-0-0 : -13)
○ハリー・ジャイルズ3世
(11-3-2-0-1-0 : -13)
○ケルジン・ブレビンズ
(3-0-0-1-0-0 : -2)
○CJ・エルビー
(7-4-0-0-0-1 : -2)
○ナシール・リトル
(7-2-1-0-0-1 : -6)

本日終了時の順位

<イースト>

01. シクサーズ(7-2)
02. マジック(6-2)
02. ペイサーズ(6-2)
04. セルティックス(6-3)
05. ニックス(5-3)
05. バックス(5-3)
07. キャバリアーズ(5-4)
07. ネッツ(5-4)
09. ホークス(4-4)
10. ブルズ(4-5)
11. ヒート(3-4)
12. ホーネッツ(3-5)
12. ウィザーズ(2-6)
14. ラプターズ(1-6)
15. ピストンズ(1-7)

首位シクサーズがネッツに敗戦!
正直意外でしたが、それでもシクサーズ
首位をキープ。強い!
ただ、セス・カリーがコロナ陽性という
ことで、今後メンバーが揃って休みに
なってしまうときつい可能性もあります!
キャブス・ネッツは勝って貯金!
拮抗しているなー。


<ウエスト>

01. サンズ(6-2)
02. レイカーズ(6-3)
02. クリッパーズ(6-3)
04. ペリカンズ(4-4)
04. ウォリアーズ(4-4)
04. キングス(4-4)
04. ジャズ(4-4)
04 ブレイザーズ(4-4)
04. マーベリックス(4-4)
04. スパーズ(4-4)
11. サンダー(3-4)
12. ナゲッツ(3-5)
13. ロケッツ(2-4)
14. ウルブズ(2-6)
14. グリズリーズ(2-6)

こちらも首位のレイカーズが敗北で首位
陥落。またマブス、スパーズ、ブレイザーズが
きっちりかって勝率5割に復帰。
一方で最下位の2チームは揃って敗北で
きつい流れですね。


本日のTOP10

明日の対戦カードはこちら!!!

●サンズvsピストンズ
●ウィザーズvsセルティックス
●サンダーvsニックス
●ホーネッツvsペリカンズ
●マジックvsロケッツ
●ネッツvsグリズリーズ
●ジャズvsヒート
●クリッパーズvsウォリアーズ
●ブルズvsレイカーズ
●ラプターズvsキングス

明日も試合がいっぱい!前回のシクサーズ
戦ではアグレッシブでなかったと注意された
八村選手がセルティック相手に奮起できるか。
さらにハーデンがボールを持たないスタイルで
どこまでチームが勝てるのか。
貯金を増やしているニックスの動向も
大注目ですね!!!
ホーネッツvsペリカンズではボール兄弟の
初マッチアップの予定!目が離せない!


ぽんど

昨日の試合結果はこちらにまとめてます!
【NBAまとめ】2021年1月7日 〜キャリアハイ続出!怪我人も…渡邊雄太は最長の出場時間!イースト上位の強さが目立った!

コメント

タイトルとURLをコピーしました